オンラインカジノ最新情報

オンラインカジノ最新情報

 

オンラインカジノを取り巻く環境は日々変化しています。 日本でのカジノ合法化は時間の問題であり、その前にオンラインカジノに興味を持ったあなたは先見性があり、時代を一歩先に行っています。 あなたがオンラインカジノで稼げるよう、お得な情報や参考になる情報を発信していきます。

 


オンラインカジノ最新情報記事一覧

新しいスクラッチカードが続々登場〜ワイルドジャングルカジノ〜

ワイルドジャングルカジノではスクラッチゲームも提供しており、あなたの好きな場所を削り高額賞金をゲットできるチャンスがあります。最近は映画をモチーフにしたものが増えています。ロッキーをモチーフとしているスクラッチカードは、相手をノックダウンさせると賞金が貰えるという面白いタイプのゲームもあります。ロッ...

≫続きを読む

 

【ジャックポット情報】100万年超え2連発〜ワイルドジャングル〜

今年も残り僅かとなりましたが、ワイルドジャングルカジノは相変わらず絶好調です。12月に入ってもジャックポットは続き、つい先日の12月14日には同日2つのジャックポットが出ました。しかも、両方共100万円超えのビッグヒットです。これから迎える寒い冬も、こんなボーナスが出れば暖かく過ごせそうですね。まず...

≫続きを読む

 

147万円のジャックポット獲得「SafeCracker」

ワイルドジャングルカジノが絶好調です。11月に6回のジャックポット獲得者を排出し、多くの日本人プレーヤーを魅了しているワイルドジャングルカジノ。期待の12月に一人目のジャックポット獲得者が出ました。クラッシックスロットでは人気が高く、過去にジャックポットがよく出ている「SafeCracker(セーフ...

≫続きを読む

 

ワイルドジャングルカジノ12月プロモーション

12月に入り、寒波襲来で寒くなりましたけれどいかがお過ごしでしょうか?寒い日は外で遊ぶよりコタツでみかんを食べながら、オンラインカジノですよね(そんな事も無いですか?)。巷では大企業を中心に冬のボーナスが昨年よりも少し増えた、なんてニュースがありますが、あれって本当でしょうかね。少なくとも私には関係...

≫続きを読む

 

ワイルドジャングルカジノに新作スロット登場

11月に入り6回もの高額ジャックポットが出ている「ワイルドジャングルカジノ」から、11月24日に2つの新作オンラインスロットが登場しました。過去にも新作スロットが登場した直後にジャックポットが出ているので、今回もあなたにチャンスが回ってきました。新作登場直後にジャックポットって、パチンコ屋で言えば新...

≫続きを読む

 

【速報】マーベルシリーズでジャックポット獲得47万円|ワイルド

ワイルドジャングルカジノがまたやってくれました。マーベルシリーズの人気スロット「FANTASTIC FOUR 20 LINES」でEXTRA POWER JACKPOT獲得者が出ました。2014年11月14日に、日本人男性のY.Oさんが獲得した額は、4,094.05ドル(約47万円)1ライン0.15...

≫続きを読む

 

ワイルドジャングルカジノで100万円超えジャックポット3連発!

11月もワイルドジャングルカジノが止まりません。2014年11月1日〜10日までのジャックポット速報です。他のカジノを圧倒するジャックポット獲得率に、オンラインカジノファンの間では「今」、話題騒然です!!まずは、マーベルシリーズの人気機種「スパイダーマン」から。マーベルシリーズといえば、4つの異なる...

≫続きを読む

 

ワイルドジャングルカジノ11月のプロモーション情報

当サイト一押しのオンラインカジノ「ワイルドジャングルカジノ」の11月プロモーション情報です。ワイルドジャングルカジノといえば、ジャックポット連発であなたにもチャンスがあるカジノです。ジャックポットを獲得する人は、このプロモーションをうまく利用しています。この情報は要チェックですよ。マッチボーナス1:...

≫続きを読む

 

小笠原伯爵邸(新宿区)にて一夜限りのカジノ&ジャズナイト開催します!

旧小倉藩藩主の伯爵小笠原長幹の邸宅として1927年(昭和2年)に東京都新宿区河田町にたてられた「小笠原伯爵邸」にて、来る12月23日(祝・火)に「大人のクリスマスパーティー 聖なる薔薇の夜会 〜カジノ&ジャズナイト〜」が開催されます。小笠原伯爵邸といえば、現在はミシュラン1ツ星レストランやウェディン...

≫続きを読む

 

ジャックポット2連発!!ワイルドジャングルカジノが止まらない!

10月に入って3回ジャックポット獲得者を出しているワイルドジャングルカジノがまたやってくれました!同じスロットで、しかも連日続けて2人のジャックポット獲得者を輩出しました。そのスロットはこれ、ワイルドジャングルカジノの「Streak of Luck」。9月30日に7,782ドルのジャックポットが出て...

≫続きを読む

 

【速報】ワイルドジャングルカジノでまたまたジャックポット達成!

他のカジノを圧倒するジャックポット獲得者を輩出しているワイルドジャングルカジノが、またやってくれました。今度は海をモチーフにした爽やかな画面が印象的なオンラインスロット、「GREAT BLUE(グレートブルー)」です。その賞金額は何と、37,875ドル(約400万円)!!サラリーマンの年収ほどの金額...

≫続きを読む

 

アイアンマン2でエクストラパワージャックポット!!

絶好調ジャックポット連発のワイルドジャングルカジノからジャックポット獲得者が出ました。マーベルシリーズの人気スロット「アイアンマン2」で、エクストラパワージャックポット5,704ドル(約60万円)獲得。ゲットしたのは、2014年10月16日18時11分、日本人男性のH.Tさんです。110ドル入金し、...

≫続きを読む

 

日本のカジノは外国人専用なのか?

日本でもカジノを、と法案整備に向けて議論が開始されています。しかし、日々漏れ伝わるニュースによると迷走しているのか様々な話が展開しています。一番ショックなのは、日本人が入れないかもしれないというニュース。確かにギャンブルですから借金漬けになるような人もいるかもしれません。それは紛れも無く悪影響でしょ...

≫続きを読む

 

マカオカジノ「メルコ・クラウン・エンターテインメント」の日本戦略

日本におけるカジノ合法化が近づいてきた。マカオのカジノ関係者も、日本のカジノ解禁に関しては高い関心を示している。そのような中、マカオから日本のカジノマーケットへの進出を本格的に考えている企業も少なくない。メルコ・クラウン・エンターテインメントのCEOである、ローレンス・ホー氏もその一人である。ローレ...

≫続きを読む

 

世界一のカジノ都市・マカオの現在と進化する未来

あなたの「マカオ」に関するイメージは、きっと「カジノ」と「世界遺産」ではないでしょうか。2005年に世界文化遺産に登録されたことで一気に知名度が上がり、カジノに関しても最近になって取り立たされるようになってきた。しかし、マカオはカジノ都市としての歴史は長く、16世紀にまでさかのぼる。古くは「東洋のモ...

≫続きを読む

 

世界で2番目に小さな国「モナコ」のカジノ戦略とIRの先駆け

南フランスとイタリアとの国境沿いにある、バチカン市国に次いで世界で2番目に小さな国「モナコ」。今や世界一裕福な国として知られるモナコの、IR先進国としての戦略と歴史を振り返ってみる。モナコが観光立国として成功を収めた一番の理由は、年間を通して温暖な気候であることが挙げられるがそれだけではない。186...

≫続きを読む

 

ヨーロッパを代表するカジノ企業「カジノ・オーストリア・インターナショナル」の全貌...

あなたが「カジノ」を思い浮かべるとき、真っ先に思い浮かべるのは、マカオやラスベガスではないでしょうか?しかし、カジノの歴史を見ると、まだ数十年しか経っておらずその歴史は意外と浅いのです。カジノ発祥の地はヨーロッパ。ルイ15世の時代にフランスにおいてカジノの元となる賭博場が広まったといわれている。その...

≫続きを読む

 

マカオカジノはアジアにおける優位性は変わらないのか?

マカオが世界一のカジノ大国となった今、他のアジア地域のカジノ発展も目覚しい。シンガポール、韓国、フィリピン、そして今後の解禁が期待される台湾や日本などの進行カジノ国が次々と誕生している。アジア地域でカジノ産業の発展が目覚しい中、マカオは現在の発展を今後も維持できるのでしょうか?何故、マカオのカジノ市...

≫続きを読む

 

マカオのインフラ投資、巨大開発プロジェクトが進行中

2007年にヴェネチアンがマカオに誕生した頃から、マカオは見違えるように発展の速度を増している。2014年の今は、まだ序章に過ぎず、東京オリンピックが開催される2020年頃までマカオ経済は右肩上がりの成長を遂げるとマカオ政府は考えている。その発展の大きな要因は、マカオ内外で繰り広げられる巨大インフラ...

≫続きを読む

 

マカオカジノに日本式パチンコ導入の発表

世界一のカジノ都市となったマカオのゲーミング市場を更に盛り上げる日本企業が出た。2013年8月にマカオランドマークホテルやフィッシャーマンズワーフなどを経営する大手企業「マカオ・レジェンド・ディベロップメント(MLD)」が、日本のパチンコ大手「ダイナムジャパン・ホールディングス(DYJH)」と提携し...

≫続きを読む

 

マカオカジノのマシンがライブ中継型マルチゲームシステムに移行するのか

マカオのカジノゲーミングテーブルの管理は、政府による統制下にある。よって、大きなカジノホテルを建設し、大きなカジノホールを建設したとしても、勝手にカジノゲーミングテーブルを増やすことが出来ない。また、マカオではカジノディーラーはマカオ市民のみがその職に就けるという法律があり、近年の急速なカジノ収入の...

≫続きを読む

 

マカオカジノの顧客動向の変化とは

2013年から2014年にかけて、マカオに訪れるカジノ客の動向に新たな傾向が見られた。これまでマカオカジノの売り上げを支えてきたのが、一度に大量の金額を賭ける中国人VIPバカラ客であった。2013年に入ると『マスゲーミング』と言われる、いわゆる平場客の売り上げが増加傾向にある。マカオカジノの総収入全...

≫続きを読む

 

【マカオカジノ収入】2013年過去最高を更新!

2013年の初めには、マカオではカジノ収入に関する不安が取り沙汰されていた。その主だった理由は、マカオカジノにおいての最大の顧客である『中国』国家が、官僚の汚職に対して強い姿勢で取り組むと報じられたからだ。マカオのカジノを取り巻く中国人VIP客の一部が、マネーロンダリングなどの汚職によって大量の資金...

≫続きを読む

 

北海道カジノ誘致に本格参入〜済州島視察へ〜

東京オリンピック開催が決定して以来、日本におけるカジノ合法化への動きが更に活発化している。各都市も誘致合戦を繰り広げており、東京、大阪等の大本命に加え、長崎、沖縄、北海道も名乗りをあげている。そんな中、北海道と誘致を目指す小樽、苫小牧、釧路3市が動き始めた。4月23日からお隣韓国の済州島へ、中松小樽...

≫続きを読む

 

ジャックポット確率が2.5倍に!ワイルドジャングルカジノプロモ

オススメ人気NO.1のワイルドジャングルカジノから特別プロモーションのご案内です。当サイトからワイルドジャングルカジノに入会していただいた方限定で、ジャックポット専用初回入金ボーナスを150%(最高500ドル)プレゼント!!このキャンペーンは、2014年2月28日まででしたが、何とかお願いして期間延...

≫続きを読む

 

ベトナムカジノIR計画が米企業資本注入で再開される

アジアでもカジノによる経済発展が著しい、ベトナムにさらなる開発計画が再開される。ベトナムカジノと言えば、ダナンが人気のスポットとなっているが、同国最大の資産運用会社ビナキャピタルは、米不動産開発ペニンシュラパシフィックとの合弁事業により、ベトナム中部クアンナム省ナムホイアンで計画が頓挫していたカジノ...

≫続きを読む

 

弁護士らがカジノ解禁に反対する理由

日本で盛んにカジノ合法化が提唱され、2020年の東京オリンピック開催に向けて本格的にカジノ解禁に向けた話が国会でも『カジノ法案』取り上げられている中、カジノ解禁に反対する声が話題を呼んでる。4月12日に、弁護士らのグループが『全国カジノ賭博場設置反対連絡協議会』を発足させ、カジノ合法化を阻止するべく...

≫続きを読む

 

ワイルドジャングルカジノ4月プロモーション発表

当サイトでも人気・実力ともNO.1のワイルドジャングルカジノ。2014年もジャックポットを連発しています。桜も各所で満開な4月のプロモーションをご案内いたします。ワイルドジャングルカジノで稼ぐためには、うまくプロモーションを利用することが必要です。あなたもこのチャンスを絶対に逃さないでくださいね。ワ...

≫続きを読む

 

シンガポールのカジノ収入6,000億円突破

ワールドリゾート・セントーサやマリーナベイサンズで大成功を収めているシンガポールカジノが活況だ。2013年のシンガポールにおけるカジノ収入が6,000億円を突破した。この額は前年比3.8%増で、観光産業発展の大きな牽引役を担っている。シンガポールの観光産業は、GDPの5.8%に相当し、更に拡大を続け...

≫続きを読む

 

ガーナ大使公邸で闇カジノ摘発の裏にあるものとは

警視庁の調べによると、3月19日に駐日ガーナ大使が『大使公邸』として借りている、東京都渋谷区の部屋で、客にバカラ賭博をさせていた、『闇カジノ』が行われていたことがわかった。闇カジノとは?そもそも日本ではカジノは非合法です。合法化されていないものを日本で行えば、それは違法となり罪を課されます。闇カジノ...

≫続きを読む

 

活況の韓国カジノの裏にある影とは

今、世界の経済を牽引しているカジノだが、光あるところには必ず影があることも知っておかなければならない。お隣、韓国のカジノもソウルや釜山を中心に観光客で賑わっており、韓国経済を潤している。しかし、韓国北部に唯一韓国人がカジノをプレイできる場所がある。それが、『江原(カンウォン)ランド』だ。週末ともなる...

≫続きを読む

 

2013年度のサッカーくじの売り上げが1000億円を突破!!

日本スポーツ振興センターは3月6日に、運営するサッカーくじの2013年度の売上額が過去最多を更新し、1000億円を突破したと発表した。くじの対象をJリーグのオフシーズンに海外のリーグにも広げ、1等最高10億2円のくじを販売したことなどで売り上げが伸びたようです。海外のサッカーと言えば、今や本田や長友...

≫続きを読む

 

日本がカジノ合法化すれば、金はいくらでも出す!

2月28日のロイター通信によると、日本が正式にカジノを合法化するのならば、必要な額をいくらでも出す、という人がいるという。その人とは、そう、ラスベガス・サンズのCEO(最高経営責任者)のシェルドン・アンデルソン氏である。そのアンデルソン氏は、総額100億ドル(約1兆円)にも及ぶ、誰にも負けない額を想...

≫続きを読む

 

インターネットカジノ賭博経営者に実刑判決〜福井地裁〜

2020年の東京オリンピックを契機に、日本でもカジノ合法化への動きが活発になっている昨今で、はたまた不本意な事件のニュースが入ってきました。福井県福井市で闇でインターネットカジノ店に勤務していた店員・本郷智子被告(33歳)に実刑判決が下された(2014年2月19日)。同店を経営していた男2人は同罪で...

≫続きを読む

 

ACミラン・本田の活躍であなたが稼ぐ方法とは?

今、日本で最も熱い男といえば、ACミランに移籍した本田圭佑(27)選手ではないだろうか?日本人、いや世界中の注目を浴びて、それを楽しむかのようにプレイする姿はサッカーをやらない人にとっても憧れですね。その、生き様がカッコイイ!!2014年1月12日にACミランデビューを果たした本田選手。そのあと、1...

≫続きを読む

 

マーベルシリーズ『マイティ・ソー 〜ダーク・ワールド〜』公開記念

マーベルシリーズで大人気『アベンジャーズプロジェクト』の最新作が日本上陸しました!!その名も、マイティ・ソー 〜ダーク・ワールド〜『アベンジャーズ』の戦いは、地球滅亡への序幕にすぎなかった。その時、アベンジャーズ最強の男ソーと、宿敵ロキの運命は・・・?世界中で注目を浴びている大人気映画が、2014年...

≫続きを読む

 

ワイルドジャングルカジノ・ジャックポット情報

2013年も終わりを迎えようしているなか、ワイルドジャングルカジノはまだまだ元気です^^当サイトでも何度か紹介しているオンラインスロット、『SafeCracker(セーフクラッカー)』でジャックポットが出ました。ジャックポット獲得時間は、日本時間の2013年12月29日午後5時58分。ベッド額0.7...

≫続きを読む

 

グローバル・ゲーミング・エキスポinラスベガスが開催

カジノ・ゲーミング業界にとって最大のイベント展示会となる『グローバル・ゲーミング・エキスポ』が、2013年9月24日〜26日にアメリカのラスベガスで開催され、大成功に終わった。今回で13回目の開催となり、毎回高い注目度を集めるこの展示会、ラスベガスのサンズ・エキスポが会場となり、世界各国のカジノ関連...

≫続きを読む

 

マカオに日本のパチンコが導入へ!!

マカオカジノ産業の大手『マカオ・レジェンド・ディべロップメント社』は2013年8月23日に、日本のパチンコ業界の大手『ダイナムジャパン』と2014年度中に、カジノ世界一のマカオに『パチンコ』の導入を決定した。マカオ・レジェンド・ディべロップメント社と言えば、マカオランドマークホテルやマカオフィッシャ...

≫続きを読む

 

台湾のカジノ合法化への動きと現状

2009年に台湾政府は、経済発展、及び観光産業の活性化を狙い、離島地域におけるカジノ事業を合法化する法案を可決した。この法案を、『離島開発法』と呼ばれ、住民投票により可決され、正式認証された。台湾政府は、カジノ新興国である下記の国々マカオアメリカイギリスシンガポールオーストラリアと協議を重ね、カジノ...

≫続きを読む

 

ベトナムカジノIR『ザ・グランド・ホートラム』のホスピタリティ

ベトナム第一の経済都市、ホーチミンから車で約2時間30分南に位置する場所に、ベトナム最大であり、最先端のIR(統合型リゾート)が誕生した。164ヘクタールの広大な敷地に2kmに及ぶビーチ、5つ星ホテル、カジノ、13のレストラン、ゴルフコース、スパ、プール、ショッピングモールが存在し、ゲスト達をもてな...

≫続きを読む

 

ベトナムに最大級のカジノ『ザ・グランド・ホートラム』がオープン

シンガポールを筆頭に、カジノ産業の成長が著しい東南アジアに、新たなカジノが登場した。2013年7月26日、ベトナム・ホーチミンから南に120km南の海岸沿いにオープンした、『ザ・グランド・ホートラム』だ。当ホテルは、ベトナム初となるIR(統合型リゾート)として登場。 ベトナム人の期待を一身に背負って...

≫続きを読む

 

オンラインスロット『ゴールドラリー』が6億円に到達!!

先日totoBIGの当選額が10億円の過去最高額で話題になりましたね。間もなく当選者の発表がありますが、販売は終了してしまいました。あなたは、totoBIG買いましたか?えっ?!買っていないって?10億円ですよ!!実際の10億円の写真↓↓↓日本最高額の賞金が間もなく誰かの手に渡ることになりそうです。...

≫続きを読む

 

totoBIG10億円VSオンラインスロット5億円

最高6億円くじとして人気のtotoBIGから、驚きのニュースが飛び込んできました。1等当選額がなんと史上最高の、10億円!!ただし、第662回の特別回のみ、期間限定なのです。購入期間は11月10日(日)〜23日(土)の2週間。この期間は絶対に『買い』でしょ!!賞金は6億円→10億円と4億円もアップし...

≫続きを読む

 

ワイルドジャングルカジノのSafeCrackerが爆裂ジャックポット!

ワイルドジャングルカジノの人気オンラインスロット『SafeCracker(セーフ・クラッカー)』がすごいことになっています。っていうか、ヤバいです!!ジャックポットが異常なくらいに連発しています。しかも!!日本人主婦のM.S.さんという方が、何と連続4回もジャックポットを出しているのです。まさに、神...

≫続きを読む

 

ゴールドラリーのジャックポット額が5億円を突破!

当選金額5億円と聞いて、真っ先に思い浮かぶのが、宝くじではないかと思います。2013年の年末ジャンボ宝くじの1等当選額は5億円になりましたね。しかし、宝くじ1等の当選確率は、約250万分の1 と言われています。すなわち、一枚300円の宝くじを250万枚=7億5,000万円分購入して、やっと一本当たる...

≫続きを読む

 

マウスをクリックするだけで3億5,000万円を獲得する方法!

あなたはご存知でしょうか?今お持ちのパソコンのインターネットを使って、今触れているマウスを優しくクリックするだけで、億万長者になれる可能性があることを。『そんな胡散臭い事、あるわけないじゃないか・・・』賢いあなたはそう思うかもしれません。しかし、あるのです!合法的に、安全に稼ぐことができる方法が!2...

≫続きを読む

 

ゴールドラリーのジャックポット額が3億円に到達!!

ついにこの時が来ました!!プレイテック社の人気オンラインスロット『ゴールドラリー』のプログレッシブ・ジャックポット額が何と、3億円に到達いたしました!!上がり続けたゴールドラリーのジャックポット額は、下記のようになります。グラフを見ると、一時ガクンとジャックポット額が下がっていますが、実はこっそりと...

≫続きを読む

 

マカオのカジノ会社『メルコ・クラウン』が日本へ本格カジノ投資へ

正に、日本のカジノ合法化への裏付けか?マカオでカジノを展開している、『メルコ・クラウン』が日本へのカジノ投資を50億ドル以上と発表した。メルコ・クラウンと言えば、マカオのカジノ王『スタンレー・ホー』の息子である、『ローレンス・ホー』がCEOを務める大手カジノ運営会社。東京五輪開催が決まり、世界中が注...

≫続きを読む

 

ゴールドラッシュがジャックポット記録更新中!2億8,000万円超え

プレイテック系の人気オンラインスロット『ゴールドラリー』。日本人で億万長者が出たことでも有名ですが、そのジャックポット額が歴代記録を抜き、現在高値更新中です。その額、2013年9月29日現在$2,842,450(約2億8,000万円)になり、間もなく3億円に届く勢いです。ゴールドラリーの今までの最高...

≫続きを読む

 

ワイルドジャングルカジノ限定『ゴールドラリー』200%ボーナス

ゴールドラリー200%ボーナス詳細100%マッチ&ゴールドラリー専用200%!◇開催期間(日本時間):  2013年10月1日午後1時 から 2013年10月7日午後1時まで◇パーセンテージおよび上限金額:【ゴールドラリー専用200%ボーナス】獲得ボーナス金額:最高1,000ドル【100%マッチボー...

≫続きを読む

 

【ジャックポット情報】アイアンマン2 で48万円ゲット!ワイルドジャングルカジノ

2013年も後半に入りましたが、ワイルドジャングルカジノは今も絶好調!!またまた、オンラインスロットでジャックポットが出ました。マーベルシリーズで大人気の『Iron Man2(アイアンマン2)』で、『エキストラ・パワー・ジャックポット』 4,802ドル(約48万円)(2013年9月19日)日本人男性...

≫続きを読む

 

オンラインスロット『ゴールドラリー』で2億円ジャックポットチャンス!

プレイテック系で世界的に爆発的な人気のオンラインスロット、『ゴールドラリー』のジャックポット額が更に更に増え続け、2013年9月13日現在その額何と、2億3千万円超え(約234万ドル)に達しました!!今までオンラインスロットにおける、日本人最高獲得額は約1億2,700万円(2012年2月28日のレー...

≫続きを読む

 

祝!東京五輪決定で2020年までにカジノ合法化への動き

2013年9月8日の朝5時20分頃、歴史的な瞬間を迎えたことは記憶に新しい。国際オリンピック委員会(IOC)のロゲ会長が発した言葉、『トーキョー』に、あなたも熱狂したのではないでしょうか?1964年に東京オリンピックが開催されて以来、56年ぶりの開催となり、停滞している日本経済にいい意味で活力を与え...

≫続きを読む

 

夢よ再び!日本人最高額ジャックポット獲得への挑戦

高額ジャックポット続出で世界はもとより、日本でも有名なオンラインスロット『ゴールドラリー』をご存知でしょうか?2012年2月28日に、日本人ジャックポット最高額、約1億2,700万円のジャックポットが出たことで、ネットや雑誌を賑わしたので、どこかで目にしている人は多いのではないでしょうか。そのゴール...

≫続きを読む

 

【ジャックポット情報】アベンジャーズ〜ワイルドジャングルカジノ〜

マーベルシリーズでジャックポット連発のワイルドジャングルカジノ。その、マーベルシリーズのオンラインスロット、『The Avengers(アベンジャーズ)』で2013年8月28日(日本時間)にエキストラ・ジャックポットを日本人男性が獲得した。その額3,766ドル(約36万7000円)しかも、アベンジャ...

≫続きを読む

 

カンボジア・バベットのカジノが見逃せない!

先日このサイトで、ベトナム・ダナンのカジノ特集の記事を紹介しましたが、ダナン以上に今盛り上がり、熱い都市があります。ベトナムのホーチミンから車でわずか90分の距離にある、カンボジア都の国境の都市、『バベット』である。バベットは、プノンペンより東部、シェムリアップより南東部にある平坦な街でありスヴァイ...

≫続きを読む

 

ベトナム・ダナン カジノと観光特集

ベトナム中部最大の都市、ダナンの成長が著しく目立っている。もはや、東南アジアの後進国とは遥か昔。今では商業としとして、リゾート地として開発が盛んなこの都市で、カジノはいかなる位置にいて、いかなる発展を遂げているのか?ダナンにおけるカジノの魅力を、街全体の魅力とともに、真相に迫る!東南アジアにおいて、...

≫続きを読む

 

韓国カジノの歴史と今後の課題とは?

日本人にとって、最も身近にあるカジノといえば韓国カジノである。1990年代の終わりから韓国カジノは事業拡大を目指し、大規模な再開発事業を行ってきた。国が先導を切り、外貨獲得のためのカジノ誘致を盛んに繰り広げられてきた。その結果、現在では外国人専用の韓国カジノが16箇所に増え、2013年には約2,50...

≫続きを読む

 

マカオカジノが本格IR化へ

カジノの売り上げが、瞬く間に世界一に上り詰めたマカオ。中国富裕層の膨大なカジノマネーを動かすマカオの現在のカジノテーブル数は約5,500台で、今後新規カジノテーブルの追加承認を検討する際、各カジノ企業の新プロジェクトにおける、カジノ以外のIR(統合型リゾート)への投資額に応じて追加カジノテーブル数を...

≫続きを読む

 

世界のカジノはマカオが優位に〜フランク・ファレンコフ氏明言〜

2013年5月にマカオで開催された、ゲーミング関連展示会『グローバル・ゲーミング・エキスポ(G2E) アジア2013』にて、今後も世界のカジノはマカオを中心として動いていくことが再確認された。ここ数年で、東アジアを中心に新規カジノが相次いでオープンされている。IR型カジノが大成功しているシンガポール...

≫続きを読む

 

アジアにおけるIR本格化傾向

カジノを中心とした統合型リゾート『IR』における、アジアの状況とは?IR先駆者といえば、ラスベガス。しかし、ラスベガスを含むアメリカ市場はすでに飽和状態。マカオとASEAN(シンガポールを含む)は経済成長と開発が進み、中長期的には高成長を維持している。東アジアでは、マカオを除き本格的なIRは存在しな...

≫続きを読む

 

日本型IRが日本経済を活性化させる!

あなたは、”IR”という言葉を聞いたことがあるでしょうか?IRとは、Integrated Resortsの略であり、Integratedとは、統合型の意味。すなわち、直訳すると統合型リゾートという意味になります。その、統合型リゾートとは、カジノを含めた一大エンターテインメント施設を意味し、ラスベガス...

≫続きを読む

 

ジャックポット情報『DAREDEVIL』一撃200万円

ワイルドジャングルカジノのジャックポットがまた炸裂しました。2013年7月24日と7月29日に人気オンラインスロット『Hulk(ハルク)』で3,000ドル超えのエクストラパワージャックポットが立て続けに出たワイルドジャングルカジノで、8月7日新たに日本人ジャックポット獲得者が出現しました。ハルクと同...

≫続きを読む

 

人気オンラインスロット『ゴールドラリー』のジャックポット額が1億円(100万ドル...

プレイテック系の中でも、高額ジャックポットが出ることで有名な『ゴールドラリー』。プログレッシブ・ジャックポット額が1億円を突破しました!!(7月29日現在102万ドル)7月上旬に約4,000万円であったゴールドラリーのジャックポット額が、それから1ヶ月も経たないうちに倍以上の1億円に達するとは、驚き...

≫続きを読む

 

ジャックポット情報 『グラディエーター・ジャックポット』賞金額が2億8千万円突破...

プレイテック系の人気オンラインスロット『GLADIATOR JACKPOT (グラディエーター・ジャックポット)』のジャックポット獲得賞金額が、2億8千万円に達し、まもなく3億円に到達します。グラディエーターと言えば、古代ローマ帝国を舞台に、陰謀に陥れられた英雄騎士の死闘をダイナミックに描くペクタ...

≫続きを読む

 

ジャックポット情報〜ゴールドラリーがもうすぐ1億円!!〜

今週も熱いジャックポット情報をお届け致します。人気オンラインスロット『ゴールドラリー』のジャックポット額がプレイテック系のオンラインスロットで最高額を記録しています。7月4日時点で約4,000万円であったジャックポットが、現在なんと約8,000万円まで膨れ上がりました。その額、7月21日現在約79万...

≫続きを読む

 

オンラインスロット『ゴールドラリー』のジャックポット額が上がり続けています^^

プレイテック社の中でも高額ジャックポットが出ることで有名な、『GOLD RALLY(ゴールドラリー)』のジャックポット額が、2013年7月4日現在で、422,729ドル(約4,200万円)に達しています。ゴールドラリーと言えば、皆さんおなじみの2012年2月28日に日本人としては最高額の約1億2,7...

≫続きを読む

 

当サイト限定!!『ベラジョンカジノ』に登録するだけで15ドル獲得キャンペーン実施...

今、オンラインカジノ業界で、話題の”ベラジョンカジノ”。スマホ対応でクレジットカード入金ができる事で、女性のプレーヤーが急増中です。また、様々なキャンペーンを実施していて、先日このサイトで毎日1名7,500ドル獲得キャンペーンを紹介したばかりですが、今回も新規プレーヤーにお得な情報が届きました。当サ...

≫続きを読む

 

エブリバディズ・ジャックポットが28万ドル(約2,800万円)に到達!

2013年6月18日現在、プレイテック社のオンラインスロットでジャックポット賞金額が一番高いのが、このEVERYBODY`S JACKPOT(エブリバディズ・ジャックポット)です。実は、実は、先日よりお伝えしていた、ビーチライフの約3億円ジャックポットが誰かに出されてしまったのです(涙)それも、当サ...

≫続きを読む

 

ベラジョンカジノジャックポットキャンペーンで日本人獲得者が登場

ベラジョンカジノといえば、スマホ・アンドロイド等のタブレット対応のオンラインカジノで人気急上昇。そんな人気を更に確実なものにするキャンペーン、毎日7,500ドル獲得者保証!という、大盤振る舞いのキャンペーンが行われています。先日、こちらのベラジョンカジノジャックポットキャンペーンの記事でも紹介してい...

≫続きを読む

 

ジャックポット速報!ワイルドジャングルカジノの『アイアンマン2』で4,648ドル...

ワイルドジャングルカジノからまたまたジャックポットが出ました!!6月7日に『X-MAN』でジャックポットが出たばかりのワイルドジャングルカジノのオンラインスロットから、今度の機種は同じくマーベルシリーズの人気オンラインスロット、アイアンマン2です!!25ラインと50ラインがあるアイアンマン2で、今回...

≫続きを読む

 

オンラインスロット『ビーチライフ』のジャックポットがまもなく3億円に!

今、世界のオンラインカジノ愛好家達の間で、密かに話題になっているジャックポットがあります。それは、オンラインスロット『ビーチライフ』のジャックポットです。ビーチライフは、プレイテック社の人気オンラインスロットで、高額賞金当選者が出るスロットとして有名です。ジャックポット賞金額はあれよあれよと言う間に...

≫続きを読む

 

ジャックポット速報!オンラインスロット『x-men』ワイルドジャングルカジノでま...

また、ワイルドジャングルカジノからジャックポットが出ました!!先日、ワイルドジャングルカジノのジャックポット情報をお伝えしたばかりですが、日本時間の2013年6月7日、午後5時4分にジャックポット高額賞金獲得者が出現したのです。今回の機種は、ワイルドジャングルカジノでも人気のマーベルシリーズ、『X-...

≫続きを読む

 

ロト7で16億円当選!オンラインスロットでは3億円チャンス

2013年5月17日抽選分で、新しく4月に始まったばかりの『ロト7』で、何と16億円長者が出ました。場所は、香川県にある、とある小さな宝くじ売り場。当選者が出てからというものの、田舎の宝くじ売り場が、一気に銀座チャンスセンター並になってしまったとか・・・ロト7は、その名の通り、ロト6の数字が1つ増え...

≫続きを読む

 

ジャックポット速報!『ワイルドジャングルカジノ』バナナモンキー

当サイトで入会者数ダントツNO.1の『ワイルドジャングルカジノ』が、またまたやってくれました。『バナナモンキー』というオンラインスロットです。プログレッシブ・ジャックポットとは違い、スロットゲーム内でのジャックポットのため、一撃億万長者!とはいきませんでしたが、それでも獲得額は何と!!19,938ド...

≫続きを読む

 

ワイルドジャングルカジノでジャックポット獲得!!

当サイトでも人気NO.1のオンラインカジノ『ワイルドジャングルカジノ』がまたまたやってくれました。今年に入って13回目のジャックポットです。毎月平均2名以上のジャックポット高額賞金獲得者を出しているワイルドジャングルカジノ。今回は、オンラインスロットでは、少し地味な印象がある、『Safecracke...

≫続きを読む

 

毎日7,500ドル獲得者保証!ベラジョンカジノを今プレイしよう!

日本語対応オンラインカジノで人気急上昇の『ベラジョンカジノ』からビックニュースです!!なんと、ベラジョンカジノでオンラインスロットをプレイする人の中から、毎日必ず一人は7,500ドルを獲得することを約束してくれるのです。7,500ドル(約75万円)ですよ!!期間は日本時間で、2013年5月20日〜6...

≫続きを読む

 

フィリピンカジノのサービスが充実

最近世界で注目を集めているフィリピンのカジノは観光客の増加にともない、ホテルやレストランのクオリティーが高くなってきています。送迎サービスも充実していて、ホテルから外出する時にボーイに頼めばタクシーを呼んでくれますし、カジノから出る時も受付スタッフや従業員がタクシーの配送を行っています。日本にある一...

≫続きを読む

 

カジノ初心者でも楽しめるフィリピンカジノ

フィリピンのマニラ市内の至る所にある「CASINO」という看板のお店は、日本でいうとパチンコ屋のようなフランチャイズのカジノです。中はスロットマシンだけだったりしますが、スロットファンからは熱い支持を得ているようです。マニラ市内にあるポピュラーで賑わっているカジノは4ヵ所ほどあり、ホテルに併設してい...

≫続きを読む

 

フィリピンカジノで人気のゲームとは

フィリピンのカジノは近年、カジノ目当ての観光旅行者が急増していてフィリピンカジノツアーなども多くの旅行会社が行っているぐらい繁盛しています。注目度が高まりつつあるフィリピンカジノのゲームの内容は、多種多様に揃っており、なかでも定番人気なのはポーカー、バカラ、ブラックジャック、ルーレット、といったテー...

≫続きを読む

 

託児所もあるフィリピンのリゾートタイプカジノ

ここ数年でフィリピンのカジノが急成長をしていて、ホテルの中にカジノが併設されているリゾートタイプのカジノが増えてきています。ホテルに着けば、その敷地内で買い物ができたり、レストランで食事をしバーでまったりくつろいだり、カジノもあるので外に出なくても、充分楽しめるようになっています。なかには、託児所が...

≫続きを読む

 

フィリピンカジノはデートスポットとしても人気

フィリピンのカジノはホテルに併設されているカジノが増えてきていて、その周辺にも様々なお店も集中しているのでカジノだけでなく、ショッピングなども充分に楽しめるので近年ではデートスポットとしても注目を集めています。また、海外からの観光客の増加に伴い色々なショーやイベントなどが頻繁に開催されており、観光地...

≫続きを読む

 

マカオカジノはゲームの多さとディーラーのクオリティの高さが特徴

日本からも近くて行きやすいマカオカジノの大きな特徴は、ゲームの数の多さだといえます。カジノ内では主に香港ドルが流通していて、ゲームのルールやチップもほとんど統一されているために初心者でも安心してカジノが楽しめます。世界中から観光客が訪れるマカオカジノのディーラーの質もかなり高いと評判で、不手際や失敗...

≫続きを読む

 

フィリピンカジノの特徴とマナー

フィリピンのカジノはフィリピン政府が全て管理している国営カジノであり、民間の企業はカジノ産業への参入が認められていません。つまり、100%フィリピン政府が所有している会社が独占運営を行っているので、外資系企業も含め民間が経営するカジノは一つもなく、日本で言えばパチンコや競馬のような公認ギャンブルのよ...

≫続きを読む

 

ギャンブル以外も楽しめるマカオカジノ

マカオカジノの大きな魅力の一つは、カジノゲームをしなくても雰囲気だけを楽しむこともできることでしょう。マカオのカジノは観光客が多く集まる場所なので、ほとんどのカジノ店がレストランや食事などにも力を入れています。カジノへは無料のシャトルバスが出ているので移動にはお金がかからず、カジノゲームをしなくても...

≫続きを読む

 

マカオカジノの客層

マカオのカジノには、老若男女世界中からたくさんのカジノ観光客が訪れています。日本からの観光客も多いですが、一番多いのはやはり中国からで、観光客の大半を中国人が占めています。カジノ店によっても客層が様々で、MGMグランドやウィンマカオでは落ち着いた雰囲気の外国人観光客が集まっていたり、ハイアライには少...

≫続きを読む

 

ワイルドジャングルカジノで億万長者になるチャンス!!

ワイルドジャングルカジノのオンラインスロットといえば、そうです。 知る人ぞ知る、ジャックポット連発しているオンラインカジノなのです。2012年2月に、1億2,700万円のプログレッシヴ・ジャックポットを獲得した日本人男性がいたことは、記憶に新しいことと思います。ただ、今回はそんなもんじゃありません。...

≫続きを読む

 

マカオカジノの盟主スタンレー・ホー氏

マカオでカジノ経営ができるライセンスを取得しているのは、世界的な大企業の6社となっています。アメリカラスベガスのウィンリゾート社、同じくラスベガスのサンズ社、香港のギャラクシー社などをはじめとする、カジノの情報に詳しい人であればほとんど誰でも知っている世界最大手企業ばかりで占められています。その中で...

≫続きを読む

 

マカオカジノでVIP客になるためには

カジノ利用者が憧れるVIPルームですが、もちろん一般の顧客が入ることはできません。そのカジノ店でVIP客にならければ、VIPルームへの入室及び色々なVIPサービスを受けることができないシステムになっています。VIPになるためにどうしたらいいかというと、厳密な条件などはあまりなく要はカジノ側にVIP客...

≫続きを読む

 

ワイルドジャングルカジノ負けてもその場でキャッシュバック

ワイルドジャングルカジノをプレイする貴方に朗報です。ワイルドジャングルカジノの初回入金で、負けてもその場で返金オファー!!◇プロモーション期間:2013年5月31日まで(日本時間)◇プロモーションの内容:1) 20ドル以上入金し、あなたの好きなゲームをプレイします。2) 初回入金ボーナスをご獲得する...

≫続きを読む

 

マカオカジノ従業員数増加、ディーラー不足の問題

マカオの統計局の調査によれば、去年第4半期のカジノ業の従業員数は年率9.2%ほど増加しており5.4万人に達したことが公表されました。従業員のうちカジノディーラーの数は年間6.9%増えた2.38万人となり、全体の43%を占めています。さらに統計データでは、昨年12月のマカオカジノの常勤従業員の配当やボ...

≫続きを読む

 

マカオカジノの掛け金の最大額、最小額

カジノで遊ぶために知っておきたい掛け金額の最低金額と最低金額ですが、ゲームやテーブルの種類によって違ってきます。マカオのカジノでも、マシンやテーブルなどに記されているので確認が必要です。最高掛け金額はマキシマムベットやマックスベットなどと呼ばれています。マカオでは例えば、グランドリスボアですとマキシ...

≫続きを読む

 

フィリピンマニラのリゾートカジノ計画

先月フィリピンのマニラ湾でソラーレ・リゾート・アンド・カジノ・マニラ(Solaire Resort & Casino Manila. )がオープンしました。ソラーレカジノには300台のカジノテーブル、1200台のスロットマシン、そして7つのレストラン、500室の客室、2000台収容できる駐車場、30...

≫続きを読む

 

フィリピンカジノの客層

最近カジノ産業で大きな発展をとげているフィリピンカジノでは、観光産業も同じく発展していて観光旅行者も急激に増加しているようです。なので、フィリピンカジノ利用者も観光客がほとんどかといえば、意外にも現住民であるフィリピン人客の方が大半を占めているようです。フィリピン人客は全体の8割以上で、観光客は2割...

≫続きを読む

 

マカオカジノ昨年のカジノ収入は3000億パタカ到達

去年のマカオカジノ市場の収入は年率13%の増加を保ち、およそ3000億パタカにまで到達しました。最近では、一般ホールの顧客が増えはじめ、カジノの本来持つ「贅沢」なイメージが薄れつつあるようです。また、様々なエンターテインメント、レストランやホテルなどがカジノ企業の集客に貢献しており、各カジノ企業の非...

≫続きを読む

 

マカオカジノ一般ホールのVIP客をターゲット

マカオのカジノでは最近、一般ホールのVIP客をターゲットにすることを目標にしていることがカジノ企業報告書で分かっています。マカオカジノにおいて、去年のVIPルームの年率増加が7.5%なのに対し、一般ホールの売上は30%増加しており、過去3年間で見ると一般ホールの平均増加率は30%以上を記録しています...

≫続きを読む

 

マカオカジノ3月収入は年率25.4%増加

3月のマカオカジノ収入が年率で25.4%増加した313.36億パタカに達したとマカオカジノ監督局が発表しました。3月は5回の土日と復活祭があったことが売上増加につながったとされており、2月より15.7%増加しここ約一年最大の増加で去年12月の282.5億パタカを軽く超えています。また一番増加が見込ま...

≫続きを読む

 

マカオカジノでのカジノ場内喫煙制限第2段階

マカオでは今年の元旦以降、政府による喫煙制限業務に取り組んでいて、カジノ場における喫煙制限の第2段階が実施されました。カジノ場喫煙制限関連規範では、カジノ免許を持っているカジノ運営会社は定期的に禁煙エリアの空気品質の検査・測定をし、毎月マカオ衛生局に報告書を提出しなければならないと決められています。...

≫続きを読む

 

マカオカジノで鳥インフルエンザ対策

中国本土では、鳥インフルエンザ(H7N9型)の感染例が継続的に出ており、SJM(澳博)はカジノに入店する人の体温測定を行うなどの防疫対策の必要性を検討しているようです。マカオへの観光客層は主に内地住民であり、総旅行者数の6割を超えていて、その観光客のほとんどが必ずマカオのカジノへ訪れるために安全性を...

≫続きを読む

 

ウィン・リゾーツ元副会長岡田氏カジノプロジェクトで汚職疑惑

米カジノ運営会社のウィン・リゾーツの共同創業者である元副会長の岡田和生氏が、フィリピンのカジノプロジェクトに関連し米海外汚職行為防止法に違反していた可能性があるとみられ米当局の捜査を受けていることが分かりました。ウィンは去年、岡田氏が持っていたウィン株の20%を強制的に買い戻し、信任義務違反であると...

≫続きを読む

 

台湾でカジノ企業誘致法公布

中国時報によると、台湾でこのほどカジノ企業誘致法が公布されたもようです。去年7月に、台湾馬祖島(まそとう)でカジノ建設が決定し、台湾の懐徳公司(かいとくこうし)が約750億元(日本円およそ2400億円)の出資が予定されています。この計画では、カジノやホテルの他に、橋や発電所や空港の国際レベルへの引き...

≫続きを読む

 

マカオカジノ今年度2桁成長継続の予想

マカオのカジノ業界では去年5月以降、収入の伸び率の不振が顕著にあらわれており、前年度の42.2%増から13.5%に落ち込むなど急減速していました。しかし、米ラスベガス・サンズの子会社である「ザ・ヴェネチアン・マカオ・リゾート」をはじめ、マカオにおいてカジノを含めた総合リゾート施設を運営するサンズ中国...

≫続きを読む

 

オランダのファン・デル・ファルク社がカジノ建設計画

ファン・デル・ファルク社がオランダのデン・ボッシュ付近のヌーランドとティエルにカジノ建設及び運営を行う計画であることを発表しました。ファン・デル・ファルク社はオランダ全域と欧米で低価格のホテルやレストランのチェーン展開をしている会社で、現在ギャンブル市場ではインターネットカジノが急成長をしており、そ...

≫続きを読む

 

カジノにおけるチップマナー

ヨーロッパカジノでは様々な場面でチップの習慣がありますが、日本から一番近いカジノが遊べる国、韓国では日本と同じようにチップの習慣はほとんどありません。世界的に見ても、チップの制度を強制しているカジノ国はあまりなく韓国も例外ではないようです。しかし、どこのカジノでもディーラーへの感謝の気持ちを表したチ...

≫続きを読む

 

カジノと総合エンターテインメントの複合型カジノ

全世界に広がっているカジノにはそれぞれの特徴があって、今一番主流になっているのはカジノと複合エンターテインメント施設が融合した大規模施設の「複合型カジノ」です。有名なのはカジノ本場のラスベガス、マカオ、そして現在急成長中のシンガポールなどがこの複合型カジノに分類されます。1905年、アメリカの砂漠の...

≫続きを読む

 

オンラインカジノの歴史

現在全世界に広まっているオンラインカジノですが、日本人のユーザーも増加し約80万人以上いると予想されています。オンラインカジノはインターネットが始まった2年後の1995年にすでに誕生していたようで、元々は「スポーツベット」と呼ばれている野球やサッカーなどをはじめとしたスポーツの試合結果に対するギャン...

≫続きを読む

 

オンラインカジノ事業の発展の歴史

ヨーロッパ各国、オーストラリア、カナダなどでポピュラーなエンターテインメントの一つとなっているオンラインカジノは、1994年にイギリス連邦加盟国のアンティグア・バーブーダがオンラインカジノ経営者への正式なライセンスを発行する法律を可決したことから始まりました。そして同年、ソフトウェア開発会社最大手の...

≫続きを読む

 

オンラインカジノはシニアの趣味に最適です

オンラインカジノが日本にもだいぶ浸透してきましたが、実際のプレーヤーは20代〜40代が中心です。ランドカジノ(本物カジノ)では、50代〜60代が沢山いるのに、オンラインとのことでいわゆる60代のシニア世代が少ないのが少し残念です。オンラインカジノはパソコンを利用しますが、カジノの種類やルールは同じで...

≫続きを読む

 

ラスベガスカジノとヨーロッパのカジノ

今や全世界に広がっているカジノの発祥の地はヨーロッパであり、「カジノ」の由来はイタリア語の小部屋を意味する「Casa」が語源だといわれています。カジノが出来た当初は、王侯貴族や富裕層といった上流階級が集まるリゾート地に併設された賭博場で、紳士や淑女の社交的娯楽場として楽しまれていました。現在あるホテ...

≫続きを読む

 

ラスベガスカジノの特徴

ラスベガスカジノの大きな特徴は、カジノ場に来た観光客を最大限に楽しませるというエンターテインメント性が極めて高いことでしょう。ラスベガスのホテルは、基本的にはカジノのために造られた付随施設であり、1990年代初めに作られた法律には、「ラスベガスでカジノ営業をするには客室の保有が条件」と設定されていま...

≫続きを読む

 

ラスベガスの巨大カジノホテル

世界ランキングホテルの上位のほとんどがラスベガスのホテルが占めているというほど、ホテル客室数、敷地面積が世界最大規模となっています。他の都市に多い客室1000以下のホテルはラスベガスからみると、小規模ホテルであると判断されるぐらいラスベガスのホテル規模は大きく、客室数が平均で約3000〜5000室が...

≫続きを読む

 

ラスベガスカジノの年齢制限

世界最大規模のカジノ都市ラスベガスのホテルにはほとんどカジノが併設されています。例外として、中にはトランプ、ヴィダラ、ヒルトン・グランドバケーション等カジノの無いホテルもいくつかあるようですが、基本的にラスベガスはカジノ観光客のためのホテルなので、カジノを営業するにはホテルを保有するという条件になっ...

≫続きを読む

 

中国海南省がホアンサ諸島にカジノ誘致計画

中国海南省三沙市が、ベトナム国と領有権を争っているホアンサ(英語名:パラセル、中国名:西沙)諸島にカジノを含めた観光施設を誘致計画していることが4月2日付のダットベト紙(電子版)によって判明しました。1974年までホアンサ諸島は旧ベトナム政府の管轄下にありましたが、同年に起こった中越海戦後から中国に...

≫続きを読む

 

ラスベガスカジノの魅力

カジノの本場と言えば、やはりラスベガスが有名で一番知名度も高いでしょう。ラスベガスの眠らない街はネオンと夜景で輝いていてギャンブル利用者の気分も盛り上げてくれます。ラスベガスでは空港にもスロットマシーンが設置されていますし、レストランやコンビニでも簡単気軽にカジノで遊べるようになっているのも魅力の一...

≫続きを読む

 

伝統的な貴族文化が残るロンドンのカジノ

18世紀からカジノが貴族文化の一環として楽しまれてきたヨーロッパの中でもイギリスのロンドンでは、今でも貴族文化が残っているところもあります。そういった地域のホテルにはたいていカジノが併設されていますが、カジノの歴史が古いロンドンなので、カジノ自体の規模も小さく、設置されているテーブルゲームとゲーム機...

≫続きを読む

 

アジア経済危機を乗り越えた韓国が行った政策

日本のお隣韓国では、アジア経済危機を打開するための政策としてパチンコ・パチスロを全面禁止にしましたが、その影響はさまざまな所に顕著に表れています。たとえば、ギャンブルが禁止されたためにゲームセンターや映画などのエンターテインメント産業が大盛況を見せています。韓流ドラマや韓流の音楽のクオリティが高くな...

≫続きを読む

 

ソーシャルゲームZynga、オンラインカジノ事業進出

4月3日アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコに本拠を置くソーシャルゲーム会社Zyngaが、「Zynga Plus Poker」と「Zynga Plus Casino」という2つのギャンブルサイトを開設しました。Zynga Plus Pokerには、「テキサス・ホールデム」と「オマハ」の2種...

≫続きを読む

 

マカオカジノが急成長した理由

現在アジア各国では、マカオをはじめ、韓国、シンガポール、フィリピン、ベトナム、カンボジア、マレーシアなど各地でカジノ産業が賑わいをみせています。これらアジア諸国のカジノは、中国人などの富裕層をターゲットとしておりいずれも高い集客力があります。なかでも、マカオは中国本土からの集客に成功していて、年間で...

≫続きを読む

 

カナダ最大都市トロントのカジノ

北アメリカ大陸北部に位置し、10の州と3の準州を持つカナダの中の最大都市トロントは、北米でも有数の金融都市ともいわれています。トロントは人口数でみるとカナダの首都であるオタワよりも多く、カジノが合法化されているので、数多くのカジノ施設が点在していて非常に繁盛しているようです。トロントカジノの中で最大...

≫続きを読む

 

カナダオンタリオ州でカジノが合法化された理由

カナダオンタリオ州がカジノを設立させた理由は、観光客増加のためや税収入源とする他に一番深刻な問題を抱えていたからです。1980年代にアメリカとカナダの間で自由貿易協定が結ばれたことにより、関税が課せられなくなったことがカジノ解禁となった重大な原因だと言われています。関税がなくなったことで、アメリカ国...

≫続きを読む

 

ネパールのカジノは庶民的で親しみやすい

ネパール連邦民主共和国は東、西、南の三方をインドに、北方を中国チベット自治区に接する西北から東南方向に細長い内陸国です。そして、首都カトマンズをメインとし合法カジノが展開されています。ネパールのカジノは、外国人専用カジノであるため、海外からの観光客おもに中国をはじめとするアジア人の利用が多いようです...

≫続きを読む

 

フィリピンセブ島のカジノを紹介します

フィリピン中部にあるセブ島(Cebu Island)は、のヴィサヤ諸島にある島で、南北に225kmにわたって伸びる細長くて大きな島でありリゾート地としては世界最大規模の観光地となっています。フィリピンは発展途上国と表現されることもありますが、カジノが合法化されており多数のカジノを持つれっきとしたカジ...

≫続きを読む

 

オランダのアムステルダム空港にあるカジノ

世界で空港の中に初めてカジノができたのは、オランダのアムステルダム・スキポール空港です。この空港は世界の空港の見本であるとトラベラーからも高い評価を得ているいわゆる「ハブ空港」です。空港内には日本人経営の飲食店やおみやげ屋もあり、非常に規模の大きい空港です。カジノがあることも一つの魅力となっていて、...

≫続きを読む

 

カンボジアカジノが人気の理由

インドシナ半島に位置する東南アジアの立憲君主制国家「カンボジア王国」は西にタイ、北にラオスと国境を接し、南は南シナ海に接しています。お隣のタイではカジノが合法化されておらずカジノ経営は違法ですが、カンボジアではカジノは合法になっています。そのため、タイ人をターゲットにした観光施設及び、カジノ店が国境...

≫続きを読む

 

カンボジアカジノの治安

カジノ合法国であるカンボジアのカジノは、タイに隣接していることもあり日本からの観光客も多く人気があります。国境近くにある都市「ポイペト」が一番有名で、タイからカジノバスを利用しヤプラテートからカンボジアに入国するのが定番になっているようです。ですが、ポペイトの治安はあまり良くないので思わぬトラブルや...

≫続きを読む

 

ベトナムトップクラスのカジノホテル

ベトナムカジノホテルの中でも外資系トップクラスのカジノホテルといえば、シェラトンホテルとフラマリゾートダナンです。シェラトンホテルは韓国で大規模なカジノホテルを展開するシェラトングループの経営ホテルで、ベトナム内においても高いセキュリティーを保持しています。たとえば、入店時に必ず全員のパスポートを丁...

≫続きを読む

 

ベトナム国民の国内カジノ解禁の必要性

ベトナムで初のカジノリゾート施設の建設計画をめぐり、様々な見解や意見などの議論が注目を集めています。近い内にベトナムにオープン予定の「MGMグランドホトラムビーチ」は税収と雇用及び海外からの観光客増加を目的とし、総工事費42億ドル(日本円約3340億円)をかけた大型プロジェクトです。ベトナム政府はこ...

≫続きを読む

 

ベトナム政府、カジノに対するさらに厳しい規制

国内でのカジノを禁止されているベトナム人が近隣諸国へカジノのために相当数流出されていることが問題視されており、自国民もカジノができるように法律改正の意見も出ています。しかし、ベトナム政府は今後も自国民のカジノ入場を禁止する考えを変えることは今の段階ではないようです。そのうえ、さらに厳しい規制を導入し...

≫続きを読む

 

ベトナムカジノが抱える問題

現在ベトナムにはカジノが約50ヵ所にあって、2011年のカジノ産業による総売上高は約5兆ドン(日本円約213億円)にも上っており、納税額も1兆5000億円(約63億8000万円)を越えたとベトナムネットが報じています。ベトナムの財務省によれば、カジノにおける売上がここ数年、10〜15%の上昇率が年単...

≫続きを読む

 

ベトナムカジノの特徴とマナー

ベトナムのカジノホテルはハノイとホーチミンに集中して建設されています。またシェラトンのパラッゾクラブやダナンにあるクラブ99などをはじめとした世界最大規模のカジノ企業が運営する外資系カジノもたくさん存在しています。ベトナムのカジノは外国人専用の規則があり、国民の利用は禁止されているため入店時に国籍確...

≫続きを読む

 

ベトナムカジノはテーブルゲームが禁止

カジノ国であるベトナムでは原則的にギャンブルが法律で禁止されているので、カジノに入れるのは成人の外国人のみとなっています。仏教では賭博禁止を厳守することはそれほど重要とはされていませんが、ベトナムにおいては熱い信仰心を持った信者が多いこと、韓国のように賭博中毒者が多発したかのどちらかがおそらくの理由...

≫続きを読む

 

フィリピンのカジノ規模は17年に100億ドルを超す予想

フィリピンのカジノの市場規模が2018年までの約56億ドル(日本円約5370億円)を上回り、カジノ市場第2位であるシンガポールを追い抜くであろうとスイス金融大手クレディ・スイスが予想していることを現地紙インクワイアラーが報じています。クレディ・スイス氏によれば、2018年までにフィリピンのカジノ市場...

≫続きを読む

 

フィリピンのカジノリゾート開発が観光客の呼び水

アジア諸国でカジノというとマカオが真っ先に思い浮かぶ人も多いでしょうが、最近になって注目すべきはフィリピンのカジノでしょう。同国は自然の観光資源が多いにも関わらず、集客力があまり伸びずに近隣諸国に比べて観光客数が低迷していました。観光業を活性化させるために、カジノをきっかけとして海外からの観光客を呼...

≫続きを読む

 

2010年からはじまったシンガポールのカジノ

今や飛ぶ鳥を落とす勢いがあるシンガポールのカジノは、カジノ事業による収益は数兆円規模だと言われています。しかし、シンガポールでカジノが開業されたのは2010年なので、わずか3年足らずで世界最大規模のカジノ市場になったということです。元々、シンガポールは「アジアの十字路」とも呼ばれ、地理的や民族的に多...

≫続きを読む

 

世界第2位のカジノ国シンガポール

現在ラスベガスを抜いて世界第2位のカジノ市場を誇るシンガポールでは、2005年に閣議決定でカジノが合法化されました。世界各地でもカジノ事業開発が進んでいますが、シンガポールはその中でも最も大きな成功を達成しているとの評価があります。シンガポール国内には2つのカジノ施設があり、2005年から2006年...

≫続きを読む

 

歴史が古い韓国カジノ

韓国のカジノはおよそ13ヵ所あるといわれていますが、比較的有名なカジノはソウルに集まっています。韓国カジノは1960年頃から約40年も続く歴史の古いカジノですが、主な特徴はたいていのカジノが「外国人観光客専用」となっているところでしょう。1968年に仁川で初めて開業された「ゴールデンゲート」をスター...

≫続きを読む

 

マカオカジノは東洋のラスベガス

カジノで一躍有名になったマカオですが、カジノが大規模に活躍しはじめたのはまだ最近のことです。ポルトガル統治時代が1999年からおよそ100年間続いたマカオが中国に返還されてからやっと「中華人民共和国澳門(マカオ)特別行政区」となりました。なので、マカオカジノが観光事業として解禁されてからまだ14年し...

≫続きを読む

 

世界遺産が多いマカオのカジノ

「東洋のラスベガス」と呼ばれているマカオのカジノホテルで一番人気があって有名なホテルは「ベネチアン」というカジノホテルです。マカオ一ともいわれているベネチアンは周辺に世界遺産とされるセナド広場や媽閣廟(マコウミュウ)などをはじめ多数あるので、海外から訪れる観光客に人気のツアープランとなっています。カ...

≫続きを読む

 

アメリカが生み出した「複合型カジノ」ラスベガス

世界のカジノ国で一番ポピュラーなのはラスベガスですが、カジノが合法化されたのは1931年のことです。最初はカジノとレストランが合体した「カジノハウス」がメインだったのですが、ラスベガスは砂漠の真ん中に位置しているため宿泊施設も必要となり、徐々にホテルと連携するようになって現在の「カジノホテル」へと発...

≫続きを読む

 

香港カジノクルーズ船ツアーが人気

マカオに近い香港にもカジノがあると思い込んでいる方も多いでしょうが、香港は中国なので法律では禁止されており、解禁されていません。しかし香港を拠点としたカジノクルーズ船があります。香港最大規模で有名なのはスタークルーズ所有の豪華客船「スーパースターアクエリアス号」というカジノ船です。船内はカジノを含め...

≫続きを読む

 

ヨーロッパのカジノの歴史と特徴

貴族の社交場として作られたのがヨーロッパのカジノであり、今でもその面影が強く残っています。フランス国王の居城をモデルとして建設された250年以上の歴史を持っているドイツや、パリのオペラ座をデザインした建築家が造ったというモナコのグランカジノが有名なヨーロッパカジノです。身分制度や階級制度の思潮が現在...

≫続きを読む

 

カジノ市場が熱いアジア諸国

急成長を続け注目を浴びているのがアジア諸国のカジノ市場です。日本から一番近いカジノができる国、韓国にはホテルと一体型になった観光客をターゲットにしたカジノ施設も建設されていて、日本人から根強い人気を誇っています。また世界遺産が有名なマカオでも巨大カジノ市場が開設されています。2007年にはカジノによ...

≫続きを読む

 

カジノで有名な韓国は世界一の賭博中毒国

韓国のカジノは世界的に有名であるが、同時に韓国は世界一の賭博中毒国といわれています。ギャンブルにはまり、財産や家族を失い路頭に迷う人が多いようです。2008年に韓国文化観光研究員が行った調査によれば、韓国人の賭博中毒有病率、すなわち賭博による問題を経験した割合は9.5%に達していて、これは成人359...

≫続きを読む

 

韓国カジノは「セブンラックカジノ ミレニアムソウルヒルトン店」が人気

お隣韓国に観光に行く方にはカジノ目当てという方も少なくありません。日本でまだ合法化されていないので、一番近いカジノ合法国は韓国なのでお手軽にカジノを味わえる国だといえるでしょう。中でも人気があるカジノホテルは韓国観光公社の子会社である「グランドコリアレジャー」が運営している「セブンラックカジノ ミレ...

≫続きを読む

 

韓国カジノの治安

韓国のカジノで遊ぶ際に気になるのが治安ですが、アジア諸国の中でも韓国は日本の次に治安がいいとされているのでカジノにおいても治安が悪いということはないでしょう。韓国での合法的なカジノ店には基本的に地元の人は入場を禁止されており、観光客獲得のためにカジノが解禁されていることもあり治安についてはさほど問題...

≫続きを読む

 

韓国カジノにおける入場制限

韓国カジノにはほとんどが外国人専用となっているので、入店の際にパスポートの提示を求められます。韓国のカジノへは18歳未満は未成年と見なされ入店することができません。日本で学校を卒業していても、年齢より年上に見られる人でもパスポートの提示があるため、誤魔化すことができなくなっています。韓国では19歳以...

≫続きを読む

 

お隣韓国のカジノ事情

日本から一番近いカジノ国である韓国は、1967年に外貨獲得及び観光客の増加を目的としてカジノが解禁されました。そして2000年に外国人だけでなく韓国人も入店できる江原ランドがオープンしました。「江原(カンウォン)ランドカジノ」は廃鉱地域を国際水準の総合リゾート団地として開発する計画のもとに、韓国人と...

≫続きを読む

 

韓国カジノで人気のバカラゲーム

韓国カジノでとてもポピュラーで人気が高いゲームはバカラです。簡単な仕組みのゲームになっているので、カジノが初めての人でも楽しんで遊ぶことができます。バカラゲームとは「バンカー」と「プレイヤー」のどちらが9に近い数字を持っているかを当てるゲームです。バカラでのカードは「A(エース)=1」「2〜9=数字...

≫続きを読む

 

韓国カジノの「VIP待遇」とは

韓国カジノで受けることができる「VIP待遇」ですが、そのVIP会員のほとんどが日本人だそうです。韓国カジノは日本から近いこともあり、カジノ利用者の約9割を日本人が占めているといわれています。そんなカジノ好きな日本人が憧れるVIP待遇とは、他のスペースとは離れたスペースにある「VIPルーム」と呼ばれる...

≫続きを読む

 

日本人利用者が多い韓国のカジノ

お隣韓国のカジノには多くの日本人観光客が訪れています。韓国カジノの大きな特徴としては、カジノの歴史が古いことで有名です。点在しているカジノの数も多く、現在では一番有名なソウルに3か所と、韓国全土を合わせると合計17か所もあります。これは他のカジノ国に比べても数が多すぎると言われているぐらいの数のカジ...

≫続きを読む

 

フィリピンでカジノ付複合施設建設ラッシュ

フィリピンでは今年から来年にかけて3つのカジノを含めた複合リゾート施設の建設ラッシュが続いており、フィリピンのカジノ産業における収入は倍増する見込みであることを現地紙ビジネス・ワールドが伝えています。フィリピンのカジノ関連会社ブルームベリー・リゾーツがすでに開業した「ソレア・リゾート・アンド・カジノ...

≫続きを読む

 

韓国カジノで遊ぶ際の両替注意点

韓国カジノで遊ぶ場合、店内には無料で入れるので雰囲気だけを楽しみたいのであればチップは買わなくてもよいでしょう。もし、本格的にカジノをプレイするのであれば、まず韓国の空港でウォンに両替しておくことです。カジノ店内でも両替ができますが、店外よりもレートが少し低い設定になっているようです。両替したウォン...

≫続きを読む

 

韓国は日本から一番近いカジノ国

日本から近いカジノ国は韓国であり、外国人専用カジノの利用者の9割が日本人といわれているほど日本人から人気があります。韓国でカジノを遊ぶには、通貨であるウォンでチップを購入します。入場料は無料になっていますが、基本的に外国人専用のカジノであるため、入場する時にパスポートを提示する必要があります。韓国の...

≫続きを読む

 

秋田商工会議所、県内カジノ誘致のための意識調査

カジノ合法化によるカジノリゾート計画が進む中、秋田商工会議所は2010年から秋田市への施設誘致を目指しています。同会議所は、去年12月から今年1月にカジノに対する県民意識調査を行い、その結果をまとめました。秋田県内へのカジノリゾート施設誘致に「賛成」と回答した人は22.6%、「条件付き賛成」は38....

≫続きを読む

 

モナコが地中海に埋立地カジノ建設計画

カジノ建設を目的に大がかりな埋め立て工事を行ってきたモナコが、地中海に向けて約6ヘクタールの埋め立て地を建設することを3月29日に発表しました。この計画により、領土の面積は3%広がると予想されています。毎年開催されている赤十字ガラに出席したモナコ公夫妻は、「2008年以後に集まった色々な提案を元に検...

≫続きを読む

 

関西経済同好会が大阪カジノリゾート計画詳細を発表

日本国内の各地で進むカジノリゾート誘致計画の一つである、関西経済に新風を吹き込むことを目的とした大阪市舞洲への統合型リゾートについて関西経済同好会が詳しい提案を発表しました。舞洲を中心とするベイエリア地区にホテルや大型スタジアム、巨大規模の展示場、そしてカジノを2ヵ所作り、国際都市間の競争力を高める...

≫続きを読む

 

ラスベガスでのカジノに関する税金

ラスベガスのカジノで遊んで勝った場合の税金ですが、2005年に日本とアメリカで結ばれた租税協定により、「日本居住の日本人は本来30%の税金は支払う必要がない」とされています。スロットマシンで大当たりした時には、ある程度の事務処理能力があるカジノであれば、最初から30%の天引きをせずに満額払い戻してく...

≫続きを読む

 

オンラインカジノで儲けた場合も50万以上は課税対象

オンラインカジノで儲けた場合も例外ではなく、日本で確定申告しなければなりません。競馬や競輪、パチンコで賞金を得た時同様、50万以上の所得は課税対象となります。オンラインカジノで勝って払い戻しをする時は、小切手を送付してもらうか、自分の銀行口座への振り込みとなります。その時に海外との取引となれば、銀行...

≫続きを読む

 

オンラインカジノの税金

オンラインカジノで勝った場合、本場のカジノとは違い店側が税金を差し引くということはなく、基本的には全額支払われているようです。各国の法律に沿って税金の申告をするという個人の責任になっています。日本の所得税ではギャンブルで得た賞金は一時所得と区分されていて、収入から支出と特別控除額50万円を引いたもの...

≫続きを読む

 

お隣韓国のカジノ事情

日本から最も近いカジノの街があるのは韓国にあるソウル、済洲島です。ソウルにあるカジノ店は一つだけで、市街地からだと車で15分ぐらいのところに位置しています。シェラトンウォーカーヒルというソウルでも五つ星の高級ホテルで韓国でも有名なホテルになっています。豪華な雰囲気のあるロビーで、エスカレーターを降り...

≫続きを読む

 

カジノは真剣な国家プロジェクト

近年、世界のあちこちでカジノ合法化によるカジノ新設が目立ってきていて、日本でも経済振興のためにとカジノ解禁に向けての動きが顕著にみられています。海外のカジノを含めた観光産業に力を入れている国には、資源が乏しい国であったり、人的資源も限られている国などが真剣に国家プロジェクトとしてカジノに取り組んでい...

≫続きを読む

 

海外カジノで得た所得への税金

海外のカジノに行って勝った場合、税金はどうなるのでしょうか。勝ち越して日本に帰る時には、必ず「カジノ発行の証明書」を貰っておかなければなりません。この証明書がなければ、税関を通る際に、持っている大金の出所を説明できなくなるからです。基本的には50万以上の金額であれば、一時所得として税務申告が必要とな...

≫続きを読む

 

魅力的なカジノディーラーという職業

カジノディーラーという職業は合法化されている海外では認知度がとても高く、憧れの仕事の一つとされています。しかし日本ではまだカジノが合法化されておらず、ディーラーの仕事をするとしてもカジノバーやプレイスポットだけに限られています。もしこの先日本でもカジノ解禁となれば、活躍の場は広まるでしょう。合法化へ...

≫続きを読む

 

破竹の勢いを見せるアジア太平洋地域のカジノ産業

世界的にカジノ産業をみてみると、各国によって差はあるものの全体的に大きく成長しており、2014年までにはカジノでの消費額は年間平均成長率9.3%と着実に伸びていくと予想されています。中でもアジア諸国のカジノマーケットが急成長をみせていて、アジア太平洋地域では平均成長率は23.6%であり、アメリカ、ヨ...

≫続きを読む

 

イギリスのカジノは会員クラブ制

イギリスのカジノは他のカジノと比べて違う部分が多少あります。会員クラブ制を採用していて、申請してから24時間後に入店可能になったり、48時間待ちの会員登録制になっています。なのでイギリスに観光に行った際、カジノで遊ぶなら先に申請をしておくべきです。イギリスは昔、経済的理由によりカジノが合法化されてい...

≫続きを読む

 

悪質オンラインカジノの見分け方

オンラインカジノサイトの数は全世界で約2500社以上と予想されていて、オンラインカジノ市場は今後も拡大していくでしょう。これだけの数があれば、中には悪質なサイトももちろん含まれています。オンラインカジノを楽しむには、サイト選びがとても重要で、もし悪質サイトに捕まれば大変なことになります。なのでそのた...

≫続きを読む

 

ヨーロッパ圏内ではオンラインカジノはポピュラーな娯楽

現在全世界でオンラインカジノユーザーは数億人いるといわれており、日本国内でも100万人以上が利用しています。日本ではカジノが合法化されていませんが、オンラインカジノを合法化している海外のサイトのため、今の段階では合法とも違法とも言えないグレーゾーンとなっています。原則的に大手のオンラインカジノはその...

≫続きを読む

 

オンラインカジノでのインカジ

「インカジ」とはインターネットを使ったカジノ全般を指しますが、日本で使われる「インカジ」は少し意味合いが違っており、分類的には非合法の裏カジノのことをインカジと呼んでいます。店内でパソコンを用意しインターネット環境を整えて、勝てばその場で現金に交換してくれるネットカフェのことをインカジと表現している...

≫続きを読む

 

米・カトリーナ災害時は増税ではなくカジノ規制緩和による復興

今日本では東日本大震災の復興財源をカジノ解禁によりその税収で補おうとする計画が動いています。国内に10前後のカジノ特区を設ければ、およそ年間2000億円〜3000億円の税収が見込める予想で、超党派の議員連盟「国際観光産業振興議員連盟」がカジノ合法化に向けて法案提出を検討しています。2005年にアメリ...

≫続きを読む

 

中国からみた日本カジノ合法化

カジノ合法化に向け動きを見せている日本ですが、経済への効果について中国の報道では「プラス効果は限られている」との意見があるようです。もし日本でカジノが合法化されカジノが開設された場合、メインターゲットは中国人になる可能性が高く尖閣諸島問題などをはじめとするの日中関係の問題があるからです。世界最大規模...

≫続きを読む

 

ラスベガスカジノの大口顧客にマネーロータリングの疑い

アメリカラスベガスのカジノに大金を落としているのは中国の大口顧客であり、ラスベガスカジノの大きな利益をもたらせているが、中には資金洗浄や組織的犯罪の疑いがあると米国当局は不安を抱いています。米カジノリゾート運営会社の中国業務拡大に伴い、米財務省の下級法執行部署は一部のカジノ仲介役が資金の出所を隠し、...

≫続きを読む

 

ラオスに作られた中国人のためのカジノ街がゴーストタウンに

国内でカジノが許されていない中国人のために、中国の隣の国ラオスに建設されたカジノの街、通称「ボーテン・ゴールデン・シティ」と呼ばれた場所が閉鎖され、今はゴーストタウンとなっています。ラオス政府の希望でスタートした経済特区に建設が始まったのは2004年11月でしたが、実質は中国資本に丸投げ状態で約2億...

≫続きを読む

 

マカオのカジノで深刻な労働者不足

香港と並ぶ中国特別行政区マカオのカジノ産業は世界最大規模に達しており、アメリカのラスベガスを上回るほどの成長を見せています。一方で、マカオでは深刻な人手不足問題が起きています。一段と加速するカジノ開発がさらに拍車をかけ、商店などとの労働者争奪戦が激化しているようです。マカオの失業率はブルームバーグが...

≫続きを読む

 

大阪カジノ誘致をめぐり、松井知事と井戸知事の意見が衝突

今年1月24日に大阪市の大阪国際会議場で行われた関西広域連合(連合長・井戸敏三兵庫県知事)と経済界の意見交換会で、大阪のカジノリゾート計画について話し合いをしました。会合には広域連合の参加自治体の首長らと関西経済連合会、関西経済同友会、大阪・京都・神戸・堺の各商工会議所の幹部らが出席し、関西イノベー...

≫続きを読む

 

長引く不況の打開策はカジノ合法化だ

日本におけるカジノ構想は現在正念場を迎えていると言えます。経済の不振が続き、さらに東日本大震災と原発事故が追い打ちをかけ、海外からの観光客が激減し、被災地域復興のために巨額の歳出を余儀なくされました。日本で今カジノ合法化の動きが活発化しているのは、カジノ解禁により税収が増加し、新たな政府の財源となる...

≫続きを読む

 

カジノ推進派、マイナスイメージに苦戦

日本でカジノ合法化については10年以上前から検討されていました。なぜ今まで解禁にならなかったかというと、合法化によりギャンブル依存症が増加したり、犯罪の温床になる可能性もあり、さらに暴力団が新たな力を持ってしまうのではないかという恐れがあるといった反対派の意見があったからです。大王製紙の会長が海外カ...

≫続きを読む

 

リゾートワールドマニラの独り勝ち状態のメトロマニラカジノ事情

フィリピンのマニラベイ地区に大型カジノプロジェクト「ソラーレ・リゾート・アンド・カジノ」が2013年3月にオープンします。ブルームベリーリゾーツでは、早くからマカオで働く有能な人材の引き抜きが始まっていました。ブルームベリーのマイケル・フレンチ最高執行責任者(COO)の考えでは、中国人ギャンブラーは...

≫続きを読む

 

日本カジノ解禁とオンラインカジノ

日本でカジノ解禁へ向けての動きが活発化してきていますが、今までカジノ合法化の動きがありながら実施に成立なかった原因としてパチンコ業界の反対があったことが一つでしょう。3兆円規模を誇っている日本のパチンコ業界は、もし国内にカジノが出来れば利用者を取られるという不安があるからです。しかし、このパチンコ業...

≫続きを読む

 

フィリピン、大型カジノプロジェクト「ソラーレ・リゾート・アンド・カジノ」

フィリピンのマニラベイ地区に、大型カジノプロジェクト「ソラーレ・リゾート・アンド・カジノ」が2013年3月にオープンする予定です。フィリピンのカジノ運営公社PAGCORにより管理されているマニラベイ地区のBagong Nayong Pilipino Entertainment City Manila...

≫続きを読む

 

ニュージャージー州でオンラインカジノ合法化

2月26日ニュージャージー州議会は、オンラインカジノ合法化を承認しました。一番の理由は税収の拡大であり、ハリケーンサンディで大被害を受けたアトランティック・シティの再建のためもありました。ハリケーンサンディの直撃後のアトランティック・シティの被害額は推定で3400万ドルだといわれています。クリスティ...

≫続きを読む

 

日本各地でカジノ構想計画

景気刺激策として、国内にカジノを中核としたリゾートエリアを整備する構想「日本カジノ構想」が各都道府県の自治体で独自に打ち出す動きがみられています。2008年からカジノ誘致を計画している沖縄では、「沖縄県カジノ・エンターテイメント検討事業」として、公的な組織を設置し沖縄県カジノ建設に向けてシンポジウム...

≫続きを読む

 

サンズ社ベトナムカジノリゾート建設計画

世界の中で有名なカジノと言えば一番はやはりラスベガスです。ラスベガスの砂漠の真ん中に人工的に作られた観光地であり、豪華な雰囲気でエンターテインメント性抜群のラスベガスカジノは根強い人気を誇っています。日本の近隣国だと、韓国なども有名です。あまり知られていませんが、発展途上国であるベトナムにもカジノが...

≫続きを読む

 

安部首相「カジノにメリット」麻生氏「交際費課税撤廃」

日本経済の成長戦略として大きな鍵を握り、現在注目を集めている「カジノ解禁」は、すでに超党派の議連が解禁法案をまとめていて、日本維新の会が国会に提出する方向で進めています。3月8日の衆院予算委員会で安部首相は、生活の党・幹事長である鈴木克昌氏に「カジノを解禁すべきではないか?」と質問されたことに対し、...

≫続きを読む

 

テレビ経営不振のフジMDHが「お台場カジノ構想」

橋下徹大阪市長が「カジノ法案」提出の意向を見せたことにより、東京でも「お台場カジノ構想」に取り組んでいるフジ・メディア・ホールディングス(フジMHD)が株式市場で再び注目を集めています。フジMHDが傘下のフジテレビの業績が不振で、新しく有望な期待を寄せるのがカジノを含んだ不動産事業です。すでに、フジ...

≫続きを読む

 

ソーシャルゲーム最大大手・米ジンガ、オンラインカジノ参入に苦戦

英調査会社H2ゲーミング・キャピタルの推測によると、アメリカのネット賭博市場は2017年までに年間74億ドル(日本円約7000億円)規模に拡大すると予想されています。ソーシャルゲームの最大企業である米ジンガは、インターネットを使った賭博であるオンラインカジノへの参入を狙っています。アメリカでオンライ...

≫続きを読む

 

マカオのカジノ統合型リゾート計画

「マカオをギャンブルからコンベンション(国際会議)や観光中心の都市に変えていく」と語ったのは、カジノ最大手のラスベガス・サンズの会長であるシェルドン・アデルソンでした。マカオのギャンブル業界は2002年にカジノに外資系産業の参入が始まった時から一気に急成長を遂げました。それ以降、カジノの売上は200...

≫続きを読む

 

日本で進むカジノリゾート誘致計画

カジノは現在世界約120カ国以上で合法化されています。アジアなどでカジノを含めたホテルや商業施設、会議場などを併設した「カジノリゾート」が増加しており、日本でもカジノがもたらす観光客増加・新規雇用産出・税収の増加といった経済効果に期待をよせ、カジノリゾート誘致を目指した動きがあります。現在日本ではま...

≫続きを読む

 

カジノ構想を持つ橋下大阪市長と松井知事がラスベガス視察予定

日本国内でカジノを合法化させ、大阪湾の人工島「夢洲(ゆめしま)」にカジノを含んだリゾート施設を誘致させようと大阪市の橋下徹市長と、大阪府の松井一郎知事が6月上旬にアメリカに訪問する予定であることが分かりました。二人は海外のカジノ資本との打ち合わせを進めていて、サンフランシスコやニューヨークなどを訪れ...

≫続きを読む

 

アジア圏でカジノ建設ラッシュとオンラインカジノの成長

ヨーロッパやアメリカを始め、世界各国で営業されているカジノですが、近年ではアジア圏内でもカジノ建設ブームが起こり、急発展をしているシンガポールでは3つ目となるカジノ建設計画が出ているようです。台湾でもついにカジノ合法化となりカジノ解禁により、台湾初のカジノ建設計画が決定しました。カジノの種類は地域や...

≫続きを読む

 

オンラインカジノでの所得も課税対象

今世界的に流行しているインターネットを使ったオンラインカジノは日本人の利用者も増加しています。日本ではカジノが合法化されていないので、オンラインカジノは海外のネットサービスとなります。ということは、勝った場合海外で得た所得となり、日本では課税対象外になるのでは?と考える人もいると思いますが、所得税法...

≫続きを読む

 

日本でカジノ合法化によるメリット

今日本で、カジノリゾートの誘致の動きが注目を集めていますが、実際にどのようなメリットがあるのでしょうか。まず一番は、競馬や競輪のように公営ギャンブルとしてカジノ運営することによる税収の増加です。また、自治体だけではなく地域全体の経済活性化につながり、観光収入も増加します。観光業界の集客力が弱い時期(...

≫続きを読む

 

日本でカジノ合法化が進んでいる理由

カジノ議連が発足したりと、最近日本でカジノ合法化に向けて動きが活発化し注目を集めています。なぜ、賭博を禁じていた日本がカジノ解禁を考えているかというと、一番に経済への貢献があります。2010年にカジノを開設し、現在急成長中のシンガポールでは年間にすると、約5000億円もの利益が生まれています。それだ...

≫続きを読む

 

日本にもカジノディーラー資格認定試験

日本国内には日本カジノディーラーズ協会によって認定される民間資格があります。カジノディーラー資格認定試験に合格するとディーラーの資格が貰えます。この試験には筆記試験と面接試験の二つがあり、筆記試験とはカジノに関係する一般的な知識やカジノの歴史、ルール、用語説明をメインとした問題となっています。社会的...

≫続きを読む

 

シンガポールのカジノが人気な理由

カジノが合法化されており、有名なカジノの街の一つであるシンガポールが最近人気を呼んでいます。ラスベガスほどのゴージャス感はありませんが、中国をはじめとするアジアの富裕層がギャンブルをする為に訪れていて、シンガポールのカジノは急成長をしているようです。シンガポールにはマリーナ・ベイ・サンズとリゾート・...

≫続きを読む

 

カジノが合法化されている国は120ヶ国以上

日本でカジノ解禁の動きが最近活発化して注目を浴びていますが、全世界ではカジノを合法化している国はどんな国でしょうか。アメリカではラスベガスが有名ですが、北米・中米・南米でもカジノが合法化されています。アフリカ、イギリス、フランスやスペインその他にも多くの国がカジノを合法化しています。カジノの目的は各...

≫続きを読む

 

3Dスロットゲームがマカオ・マニラ・シンガポールで大人気

任天堂DSやプレイステーションなどのゲーム機で今や主流の3Dゲームが、マカオやマニラのカジノで大好評です。日本のゲームメーカー業界は3Dの最先端技術を世界に誇っており、3D対戦格闘アーケードゲーム機を始めゲームクリエーターが見事な芸術性を持っています。JBET.com社の神崎氏の話では、マカオやマニ...

≫続きを読む

 

日本のカジノ合法化とカジノスクール

カジノ解禁へ向けて合法化が注目されている日本にカジノスクールと呼ばれる学校があります。カジノスクールは、この先国内でカジノが解禁され、カジノバーがオープンされた時に指導者となれるように人材を育成する機関となります。カジノに興味を持っている日本人も多く、男女問わず幅広い年齢の方がこの学校に通っているよ...

≫続きを読む

 

ゲンティン・グループがラスベガスにカジノリゾート建設予定

カジノとマレーシア最大の高原リゾートをメインプロジェクトとしているゲンティン・グループは、近くアメリカのラスベガスにカジノリゾートの建設を計画しています。同社は、ラスベガスの土地約35.2ヘクタールを3億5,000万米ドルで、アメリカのカジノ企業であるボイド・ゲーミング・コーポレーションから買い上げ...

≫続きを読む

 

シーザーズ社、韓国のカジノプロジェクトに進出

シンガポールのカジノが世界でも有名なラスベガスの年間の売上を軽く5倍を越えたことにより、世界中のカジノ会社が続々とアジア各所にランドカジノを建設しています。カジノ開発が進んでいる韓国の香港証券取引所に出された報告書によれば、シーザーズ・エンターテイメント社は、インドネシアのコングロマリット・リッポグ...

≫続きを読む

 

中国海南島でオープンしたカジノが閉鎖

中国海南島では、昨年末から政府の許可を受けて中国人と外国人を対象にしたカジノ営業を始めていました。マカオを除き中国大陸で賭博が認められるのは今回が初めとなっています。中国の代表的な観光地である海南島三亜市に開店したマングローブツリー・リゾートワールド・サンヤベイの「ジェスターズ・カジノバー」がロイタ...

≫続きを読む

 

ユニバーサルエンタテインメント、マニラにカジノリゾート

人工増加が続いているフィリピンでは現在、政府を中心とし海外からの観光旅行客を呼び込むための観光事業に力を入れた取り組みをしています。この活動をベースとしたマニラへの大規模カジノリゾート計画が進行中です。すでに、現在4つの施設の建設が予定されていて、その中の一つに日本の大手パチスロメーカー「ユニバーサ...

≫続きを読む

 

フィリピンのカジノ産業が東南アジアで最大になる見込み

金融大手のクレディ・スイスが2月末に発表した報告書で「フィリピンのカジノ産業は、2018年までに市場規模でシンガポールを追い越す見込み」と予想しました。カジノ業界を支える背景にはフィリピンの人工増加にあると指摘しています。現在、フィリピンの人口はシンガポール、マレーシア、マカオの合計の約3倍に相当す...

≫続きを読む

 

日本国内でのオンラインカジノ利用者増える

自宅のインターネットで簡単に楽しめるオンラインカジノのサービスが始まったのは1995年頃です。欧米で誕生し、英語圏に広まり現在は全世界に約3000万人以上のプレーヤーが存在すると予想されています。最も古い歴史とされている「カジノオンネット」社はイギリスの上場企業であり、またサッカーのプレミアリーグの...

≫続きを読む

 

カジノ疑惑でユニバーサルエンターテイメントと朝日新聞が対立

大手遊技機メーカーユニバーサルエンターテイメントが昨年12月30日と31日付けの朝日新聞でカジノ疑惑記事を報道されたことに対し、「一連の報道は悪意に満ちたもの」「法的措置を取ることも検討」と抗議しました。それに続き、今年2月8日付け朝日新聞に「巨額送金 会長ら認識 遊技機大手UE社 決議書に署名」と...

≫続きを読む

 

大手カジノ会社シーザス、売上低下傾向

アメリカ株式市場の時間外取引では、大手カジノ運営会社シーザス・エンタテインメントが2月25日に下落しました。通常取引終値は0.12ドル(1.04%)高の11.71ドル。時間外では終値比8.63%安の10.70ドルで取引されています。昨年起きたハリケーン「サンディ」による影響を受け、売上が下がったこと...

≫続きを読む

 

森田健作氏が描く「千葉カジノ構想」

2月28日告示、3月17日投開票の次期県知事選に出馬、再選を目指している森田健作千葉県知事が、なんとしてでも達成したい目標が「千葉カジノ構想」です。国内でカジノを解禁させ、千葉県へカジノを含めた統合リゾートを誘致する計画です。千葉県など関連する自治体と経済団体で構成する「グレード・アップ『ナリタ』活...

≫続きを読む

 

ソーシャルゲーム業界にオンラインギャンブルを

現在も激しい競争と急成長が続いているSNSやソーシャルゲーム業界ですが、高齢化が進む日本では将来の不振が懸念されている状況です。国内最大手だったミクシィの過疎化の原因は40〜50代の団塊世代ジュニアをうまく取り込めなかったことだとジャーナリストは語ります。一方で急激な発展を見せたソーシャルゲーム2強...

≫続きを読む

 

日本カジノ構想、市場規模3兆円の予想

自民党総裁・安倍晋三氏が構想する経済政策「アベノミクス」計画の一つとされる日本国内でのカジノ解禁に向けての動きが活発化してきました。大きな一歩となったのは、日本維新の会が解禁法成立を目標に議員連盟を立ち上げたことです。法案はすでに出来ていて、国会に提出されれば可決される可能性が高いと予想されています...

≫続きを読む

 

マカオのカジノ店で21歳未満は入場禁止に

従来は18歳未満の入場を禁止していたマカオのカジノですが、改正法「カジノ入場と就業、賭博の条件規範化規則」に従い、昨年11月から21歳未満のカジノホールへの入場が禁止されることになりました。日本では、20歳以上が成人と認められています。成人式を迎え、「マカオで初ギャンブル!」と意気込んでる方には要注...

≫続きを読む

 

石原東京都知事「パチンコ店と同じぐらいカジノバーがあってもいい」

アジアの大都市が共通の課題に取り組み、アジア地域の繁栄と発展につなげていく目的で結成された組織「アジア大都市ネットワーク21」の総会に出席するためシンガポールを訪問した東京都知事石原慎太郎氏が日本国内でのカジノ開設についての考えを述べました。日本でカジノが許可されないのは、警察の判断であると指摘した...

≫続きを読む

 

マカオカジノ業界の社債、上昇続く

マカオのカジノ運営会社は、1年4カ月連続で社債の相場が右肩上がりを続けています。ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント(GSJH)は、カジノ業界が今後もどんな取り締まりも切り抜けて行く見込みが高いと予想しています。クレディ・スイス・グループが産出した数字によると、アジア各国のカジノ関連社債相...

≫続きを読む

 

沖縄県、カジノリゾート導入による経済効果で観光業発展を目指す

沖縄県宜野湾市で、カジノを取り込んだ統合リゾート(IR)導入シンポジウムが沖縄コンベンションセンターで開催され、約140人が参加したと地元ローカル紙「琉球新報」が報じました。沖縄の産業は観光業が中心であり、もともと観光業を発展させるに充分な環境にあると言えます。スペインのカジノ・ゲーム業界で高い功績...

≫続きを読む

 

楽天、三木谷社長政界へ。「カジノ解禁」に向け積極的な動き。

売上高が前年比16.7%増の4434億円、営業利益が2.1%増の722億円と共に過去最高を更新させた楽天社長・三木谷浩史氏が、「産業競争力会議」の民間議員に選ばれ、政財界への食い込みに意欲を見せています。この会議で同社長は、地域活性化、産業創出、税収増などの効果があるとして「日本国内のカジノ解禁」を...

≫続きを読む

 

元重慶市トップ薄熙来(ボー・シーライ)がマカオでの汚職疑惑

昨年2012年12月、元重慶市トップだった薄熙来(ボー・シーライ)がマカオのカジノでマネー・ローンダリング「資金洗浄」をしていた疑いがあり、今年3月に予定されている裁判に向けて、中国政府が調査や証拠集めに力を入れています。マカオ警察当局に関係が深い事情通によると、中国の調査官は同年11月、マカオの知...

≫続きを読む

 

日本人プロカジノディーラー・北垣智之が語るカジノの現状と日本のカジノ合法化

これまで、世界各地のカジノのディーラーを経験され、長期にわたり『カジノ業界』に携わってきている北垣さんをお招きして『カジノ』のお話を伺いたいと思います。現在における世界のカジノの現状と日本におけるカジノ合法化へのご意見をインタビューしました。非常に興味深いお話をまとめましたので、皆様じっくりとご覧に...

≫続きを読む

 

日本人カジノディーラー・北垣智之が語る日本人カジノ旅行者

旅行に行くと日本人観光客のお客さんなど結構いらっしゃるんですか?そうですね、やはり韓国が近いので韓国に行くと日本人ばかりという感じですね。その他のマカオやラスベガスに行くとやっぱり現地人の方が割合的に多い様な気はします。やはりアクセスの問題で日本からも気軽に日帰りでも行けますから韓国は年間に110万...

≫続きを読む

 

日本人カジノディーラー北垣智之が語る日本のカジノ合法化への動き

マカオやシンガポールのようにアジアでもカジノが活発化してきている中で、日本もカジノは合法化は進んで行くと思いますか?はい。可能性は有ると思っているんです。だからこういう仕事をやっていますし。日本も2005年から法案が出来てきて話が大分具体化しているんですけど、何故出来ないかと言うと政局の不安定さ、こ...

≫続きを読む

 

日本人カジノディーラー・北垣智之がオンラインカジノについて語る

オンラインカジノはヨーロッパを中心に世界ではかなり普及してきていますが、日本でもオンラインカジノの導入は検討されていますか?そうですね、まだ国のレベルでのオンラインカジノの審議というのはされていないですね。ただ、数年前に専門家がこの2、3年で世界で一番成長しているビジネスの一つにオンラインカジノとい...

≫続きを読む

 

日本人カジノディーラー・北垣智之がカジノエンターテインメントを語る

本日のお話の中で「カジノはエンターテイメント」だというお話がありましたが、具体的にエンターテイメントとはどんなものですか?さっきも言った通りラスベガスではエンターテイメントの街なのでカジノをしなくても遊んで帰って来れるんですね。例えばセリーヌ・ディオンのコンサートやカッパーフィールドのイリュージョン...

≫続きを読む

 

中国・海南島(かいなんとう)にカジノが初進出

中国本土に、とうとうカジノ施設が誕生した。場所は、最近注目されている中国のリゾート地『海南島(かいなんとう)』だ。世界一のカジノ国、マカオは中国の特別行政区となるので除外すると、中国本土では初めてとなる。中国政府もとうとうカジノに力を入れ始めてきた現れとなるのではないか。今回の海南島のカジノ施設は、...

≫続きを読む

 

ジパングカジノでジャックポット獲得者出現!!

ついに出た!!当サイトイチオシ『ジパングングルカジノ』の大人気オンラインカジノウォールストリート・フィーバーで2013年2月5日にジャックポットが出ました!!その額、な・なんと(゚д゚lll)!!615,411ドル〜ッ!!日本円にしたら、約5,600万円のジャックポット!!このどエライジャックポット...

≫続きを読む

 

ジャックポット速報【ワイルドジャングルカジノ・アイアンマン2】

またまた、ワイルドジャングルカジノがやってくれました!!まさに、奇跡としか言い様がない、いまスロット打つなら、ワイルドジャングルカジノの『アイアンマン2』に決定!!2013年2月3日に、日本人男性(S.T.さん)が見事ジャックポット獲得!!その額 $5,610 (獲得時約516,000円)$66の入...

≫続きを読む

 

スマホ・クレジット入金対応のベラジョンカジノ登場

待ちに待ったオンラインカジノがついに登場!!気軽にオンラインカジノがプレイできる、スマートフォン対応で、今まで厄介だった入出金がクレジットカードで簡単に出来るオンラインカジノが初来日。その名も、『ベラジョンカジノ』。カジノに興味があって、自宅でやってみたいな・・・カジノで一攫千金稼いでみたいな・・・...

≫続きを読む

 

ベトナムカジノ売上200億円

皆さん、ベトナムにカジノがあるのを知っていましたか?カジノといえば、今や世界一のマカオ、エンターテインメント性抜群のラスベガス、日帰り感覚で気軽に行ける韓国などが有名ですが、実はベトナムにもカジノがあり、ものすごい経済効果を上げているのです。ベトナム全土で約50件のカジノがあり、2011年の売上合計...

≫続きを読む

 

カジノ合法化へ大幅前進

長年話し合われてきた、日本におけるカジノ合法化の話が大幅に前進した。発言力、実行力抜群の大阪市長の橋下氏が、安倍首相と1月11日に大阪市内のホテルでカジノ誘致への話し合いをした。そのための提案書を安倍首相に渡し、橋本氏が描く夢プランに安倍氏も興味を示した。橋下市長が目指すのは、大阪湾にある人工島『夢...

≫続きを読む

 

大阪府と大阪市が共同でカジノ誘致を検討

日本でもカジノ合法化のニュースはしばしば耳にしているが、また新たなカジノ合法化へ向けてのニュースが飛び込んできた。大阪府の松井知事と大阪市の橋下市町が共同でカジノなど複合レジャー施設の誘致を検討している。場所は、大阪湾岸の人工島・夢洲(ゆめしま)という場所。夢洲といえば、かつて大阪オリンピック誘致を...

≫続きを読む

 

ワイルドジャングルカジノの高額賞金獲得者がすごいことになっています。

日本語対応で、安心のオンラインカジノ『ワイルドジャングルカジノ』の高額賞金獲得者が続出しています。ワイルドジャングルカジノは、ジパングカジノと同じソフトウェア『プレイテック社』を採用し、美しいグラフィックと迫力のあるサウンドでオンラインカジノプレーヤーを魅了しています。そんな、ワイルドジャングルカジ...

≫続きを読む

 

インターカジノ最高$300のマッチボーナス

最高ジャックポットで6億4,000万円を出したことでも有名な、インターカジノから特別ニュースです。今年でインターカジノは16周年を迎えます。それを記念してスペシャルボーナスをゲットできます。何と、最高$300のマッチボーナスマッチボーナス獲得は簡単。まず、インターカジノにログインして、ボーナスコード...

≫続きを読む

 

ジャックポットシティ最新ゲーム登場

オンラインスロットするなら『ジャックポットシティ』と言われるほど、スロットファンには定評のあるオンラインカジノより最新スロットの紹介です。最新オンラインスロット『バトルスター・ギャラクティカ』の登場です。宇宙空母と共に、人類を救うために戦おうと言う、壮大なテーマです。一昔前の宇宙戦艦ヤマトに似ている...

≫続きを読む

 

秋田でカジノ誘致への動き

2001年頃から、秋田ではカジノ誘致への活動が活発になっています。ラスベガスをモデルにカジノ誘致を目指す、イーストベガス推進協議会を設立され、カジノを中心とした総合アミューズメント施設の建設を検討中です。そんな秋田で2012年12月3日に秋田商工会議所が中心となり、『カジノを活かした地域活性化シンポ...

≫続きを読む

 

ジパングカジノ 年末大抽選会開催2012

ゲーム性の良さもさることながら、イベントの豊富さ、豪華さでも定評がある『ジパングカジノ』がまたやってくれました。その名も題して、ジパングカジノ年末大抽選会2012!!特賞の『ジパング賞』は、なんと、ペアで行くラスベガス6日間の旅+カジノ賞金$2,000と、何とも大盤振る舞いですね^^そのほかの商品は...

≫続きを読む

 

JBETポーカーでポーカープレーヤー紹介しよう!

オンラインポーカーをするなら、『JBETポーカー』がオススメです。日本でカードゲームと言えば、ブラックジャックやバカラが人気ありますが、世界的にはポーカーはものすごい人気で、一流プロポーカープレーヤーは年間数千万円の賞金を稼ぎだします。ポーカーと言っても、日本で言う5カードポーカーではなく、『テキサ...

≫続きを読む

 

ジャックポットシティで最高$500のボーナス

オンラインカジノのスロットと言えば、『ジャックポットシティ』と言うほど定評があり、アメリカではTVコマーシャルも流され、世界的に信頼のおけるオンラインカジノサイトです。日本人の高額賞金獲得者も続出しているオンラインカジノです。そんなジャックポットシティから、嬉しいボーナスのお知らせです。最高$500...

≫続きを読む

 

韓国8city建設

カジノで賑わう韓国に、カジノを含む新たな総合エンターテインメントシティー建設が決まった。アメリカのCNNによると、韓国は約2,800億ドル(約22兆4,000億円)の巨費を投じ、スーパー都市『8City(エイトシティー)』の建設を決めた。場所は、仁川空港そばの遊島と舞衣島と呼ばれる島。ソウルからは約...

≫続きを読む

 

ジパングカジノ ルーレット限定ボーナス情報!

オンラインカジノをこれから始める方も、すでにオンラインカジノで稼いでいる方も必見です!当サイト一押しオンラインカジノサイト『ジパングカジノ』から、超お得なボーナス情報です。オンラインカジノでも、稼げる必勝法が満載の”ルーレット”で、期間限定の情報。その名も、ルーレット限定!50%ボーナス上限$500...

≫続きを読む

 

マカオ市場初登場!日本企業がカジノ用競馬ゲーム機導入!!

マカオと言えば、ラスベガスを抜いてカジノの売り上げ世界NO.1。そんなカジノ大国で日本企業が偉業を達成した。鹿児島県に本拠を持つ、株式会社シールドが、マカオのカジノ用ゲーム機として、競馬ゲームの導入を決めた。導入場所は、マカオフェリーターミナル前にある『海立方(OCEANUS)』と言うカジノ施設。シ...

≫続きを読む

 

ジパングカジノ誕生日ボーナス

もし、あなたがもうすぐ誕生日なら、迷わず『ジパングカジノ』に無料登録してください!ジパングカジノでは、その月の誕生日プレーヤーに、月初めに$20現金を誕生日プレゼントしています。もちろん、この$20で億万長者になる可能性も?!とにかく誕生日が近いなら、ゲットしない理由がありません。今すぐ登録してくだ...

≫続きを読む

 

インターカジノ新規入会100%ボーナス

インターカジノ新規登録者に限り、最大$250のウェルカムボーナスを獲得できます。他のカジノでプレイしているあなた、まだどのカジノにも登録していないあなた、今がチャンスです!!インターカジノに新規入会してみませんか?ウェルカムボーナスの獲得方法は?まず、インターカジノに新規無料登録する。カジノソフトを...

≫続きを読む

 

ジャックポットシティーカジノに新スロット登場

オンラインカジノでスロットと言えば、『ジャックポットシティカジノ』。人気のオンラインスロットに新しい2機種が登場しました。まずは、『Break Away』アメリカ北部で大人気のアイスホッケーをモチーフにした、手に汗握るゲーム展開が魅力です。Break Awayの特徴5リール、243通りの当たり最大倍...

≫続きを読む

 

ワールド・リゾート・セントーサ ベストリゾート賞

シンガポールのカジノと言えば、TVコマーシャルで有名な『マリーナ・ベイ・サンズ』を思い出すと思いますが、総合的にエンターテインメント性があるのは、『ワールド・リゾート・セントーサ』です。ユニバーサルスタジオやナイトサファリ、巨大水族館など、東南アジア一のリゾートホテルとして、人気があります。そんなシ...

≫続きを読む

 

マカオのポーカー大会で日本人が世界第二位

MPCC(Macau Poker Cup Championship)とは、世界一のギャンブル大国、マカオで開催される、ポーカー世界大会。そのビックイベントで、日本人プレーヤーが何と準優勝の快挙を成し遂げた。2012年9月7〜16日まで、グランドワールドホテルマカオにて行われた同大会は、メインイベント...

≫続きを読む

 

マカオにシェラトンホテル開業

今や世界NO.1のカジノ大国マカオに新たなホテルが開業した。マカオでは最大規模となる3896室を誇る、『シェラトン・マカオホテル コタイセントラル』だ。経営母体は、シンガポールで有名なカジノホテル『マリーナ・ベイ・サンズ』を経営する”サンズグループ”。2012年9月20日にオープニングセレモニーが行...

≫続きを読む

 

メルマガ登録

オンラインカジノで稼ぐための裏情報・攻略法を、裏メルマガ読者のみにお届けいたします。ギャンブルで勝つための必須事項は、情報とデータです。是非、参考にしてください^^登録解除メールアドレス:名前:

≫続きを読む

 

サイト管理人

オンラインカジノ特選画像


トップページ 最新情報 オンラインカジノ比較 初心者入門 ジャックポットランキング プレイ動画 攻略法